鈴木砂羽が絶賛!北京料理の老舗「随園別館」名物水餃子

公開日:  更新日:

 オヤジさながらの豪快なトークが受けて、バラエティーでも活躍中の女優、鈴木砂羽(42)。無類の餃子好きで、数々の餃子を食べ歩いてきたという砂羽が絶賛する水餃子の名店が新宿にある。

「随園別館」は昭和38年創業の北京料理の老舗。新宿三丁目駅から3分ほど歩いた賑やかな通り沿いにある、地元ではお馴染みの人気店だ。

 中国人の料理人が腕を振るう、“本場の味”が自慢。奇をてらうことなく、中国の伝統の味を大切にしてきたとオーナーは話す。

「中国の長い歴史の中でたくさんの料理が生み出されてきました。次々と新しい料理が出てくる一方で、古いものはどうしても忘れ去られてしまう。だから、私たちはあくまで伝統にこだわって、その味を守り続けていきたいと考えているんです」

 数あるメニューの中でも絶大な人気を誇るのが砂羽も大好物の「水餃子」(10個700円、税別)。手作りの分厚い皮の中に具材がギッシリと詰まった、この店の看板メニューだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る