鈴木砂羽が絶賛!北京料理の老舗「随園別館」名物水餃子

公開日: 更新日:

 オヤジさながらの豪快なトークが受けて、バラエティーでも活躍中の女優、鈴木砂羽(42)。無類の餃子好きで、数々の餃子を食べ歩いてきたという砂羽が絶賛する水餃子の名店が新宿にある。

「随園別館」は昭和38年創業の北京料理の老舗。新宿三丁目駅から3分ほど歩いた賑やかな通り沿いにある、地元ではお馴染みの人気店だ。

 中国人の料理人が腕を振るう、“本場の味”が自慢。奇をてらうことなく、中国の伝統の味を大切にしてきたとオーナーは話す。

「中国の長い歴史の中でたくさんの料理が生み出されてきました。次々と新しい料理が出てくる一方で、古いものはどうしても忘れ去られてしまう。だから、私たちはあくまで伝統にこだわって、その味を守り続けていきたいと考えているんです」

 数あるメニューの中でも絶大な人気を誇るのが砂羽も大好物の「水餃子」(10個700円、税別)。手作りの分厚い皮の中に具材がギッシリと詰まった、この店の看板メニューだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る