鈴木砂羽が絶賛!北京料理の老舗「随園別館」名物水餃子

公開日: 更新日:

 オヤジさながらの豪快なトークが受けて、バラエティーでも活躍中の女優、鈴木砂羽(42)。無類の餃子好きで、数々の餃子を食べ歩いてきたという砂羽が絶賛する水餃子の名店が新宿にある。

「随園別館」は昭和38年創業の北京料理の老舗。新宿三丁目駅から3分ほど歩いた賑やかな通り沿いにある、地元ではお馴染みの人気店だ。

 中国人の料理人が腕を振るう、“本場の味”が自慢。奇をてらうことなく、中国の伝統の味を大切にしてきたとオーナーは話す。

「中国の長い歴史の中でたくさんの料理が生み出されてきました。次々と新しい料理が出てくる一方で、古いものはどうしても忘れ去られてしまう。だから、私たちはあくまで伝統にこだわって、その味を守り続けていきたいと考えているんです」

 数あるメニューの中でも絶大な人気を誇るのが砂羽も大好物の「水餃子」(10個700円、税別)。手作りの分厚い皮の中に具材がギッシリと詰まった、この店の看板メニューだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  9. 9

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る