鶏のスパイシー空揚げ(教える人:吉田勝彦「ジーテン」)

公開日:  更新日:

 子どもはもちろん、大人も大好きな空揚げ。グルメ誌がムック本を発行するほど日本人の空揚げ愛は深く熱いが、裏を返せば、なかなか上手に揚げられない証しでもあるのだ。最大の悩みは、カラッとジューシーに揚がらないことだが、実は2度揚げにもコツがある。

「最初は弱火で温度をキープしつつジワジワ火を入れ、いったん休ませることでさらに余熱で火入れします。最後に高温でカラッと揚げると、衣はカリッ、中はジュワッとジューシーな仕上がりになります」

 ポイントは、下味のタイミングにもある。

「冷たい肉をいきなり熱々の油に入れると肉が硬くなるので、まず熱々のタレにつける。そうすると、味も火も徐々に肉に入っていくんです」

 冷めても軟らかくおいしいので、お弁当にもオススメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る