• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶏のスパイシー空揚げ(教える人:吉田勝彦「ジーテン」)

 子どもはもちろん、大人も大好きな空揚げ。グルメ誌がムック本を発行するほど日本人の空揚げ愛は深く熱いが、裏を返せば、なかなか上手に揚げられない証しでもあるのだ。最大の悩みは、カラッとジューシーに揚がらないことだが、実は2度揚げにもコツがある。

「最初は弱火で温度をキープしつつジワジワ火を入れ、いったん休ませることでさらに余熱で火入れします。最後に高温でカラッと揚げると、衣はカリッ、中はジュワッとジューシーな仕上がりになります」

 ポイントは、下味のタイミングにもある。

「冷たい肉をいきなり熱々の油に入れると肉が硬くなるので、まず熱々のタレにつける。そうすると、味も火も徐々に肉に入っていくんです」

 冷めても軟らかくおいしいので、お弁当にもオススメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る