持ち物やしぐさにも差が…女心くすぐる「知性ある男」の条件

公開日:  更新日:

 女性が結婚相手に求めるモノは、ガラリと変わった。かつては「3高」、いまは「3低」(低姿勢、低依存、低リスク)だとか。もっとも、女性たちは生来、男よりずっと現実的でしたたか。「高収入」を簡単に諦めたりはしない。「中卒の自営業者でも年収1500万円あれば結婚してもいい」(31歳OL)などと、しれっと上から目線でモノを言う生き物だ。

 そんな中、女性から見直されているのが“知性”である。今回、行った「OL100人アンケート」では、89%が「知的な男性に魅力を感じる」と回答。男たちのどんな行動やしぐさが、女心をくすぐるのかというと――。

■知的な三種の神器

「スーツをきっちり着こなす人に知性を感じるOLは多い。加えてメガネがポイント。『メガネをかけて書類を熟読し、スッと外して目頭をつまんで、再びかけて仕事をする』姿に知性を感じる人も。また、電車の中ではスマホをいじってる人より『タブレットを見ている人は知的』との声も。今回調査では『サイズの合ったスーツ、メガネ、iPad』が、知的な三種の神器でした」(「OL100人アンケート」ネットワークの主宰者の池野佐知子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る