【武田薬品工業】これからの出世には英語力が不可欠

公開日:  更新日:

「業績がこの1~2年は悪いので、ボーナスは下がっています。でも日本の医薬品市場は安定していますから心配はしていません。まあ、不安といえば、会社の体制が大きく変わることですかね」

 こう語るのは武田薬品工業のKさん(36)。

 昨年、クリストフ・ウェバー氏が社長に就任し、組織・人事制度改革が進行している。中途採用の外国人社員も増えているという。

「世界の拠点を統合した機能別の組織に生まれ変わり、上司が外国人というのは珍しくありません。日本語が話せない外国人も多く、本社部門はこの1年ぐらいの間に英語力が急激に求められています」

 確かに本社の中途採用の募集サイトは英語。英語ができることがマストになっている。Kさんも英会話学校に通うなど必死で勉強中だ。だが、その割に給与がいまひとつ上がらないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る