【武田薬品工業】これからの出世には英語力が不可欠

公開日:  更新日:

「業績がこの1~2年は悪いので、ボーナスは下がっています。でも日本の医薬品市場は安定していますから心配はしていません。まあ、不安といえば、会社の体制が大きく変わることですかね」

 こう語るのは武田薬品工業のKさん(36)。

 昨年、クリストフ・ウェバー氏が社長に就任し、組織・人事制度改革が進行している。中途採用の外国人社員も増えているという。

「世界の拠点を統合した機能別の組織に生まれ変わり、上司が外国人というのは珍しくありません。日本語が話せない外国人も多く、本社部門はこの1年ぐらいの間に英語力が急激に求められています」

 確かに本社の中途採用の募集サイトは英語。英語ができることがマストになっている。Kさんも英会話学校に通うなど必死で勉強中だ。だが、その割に給与がいまひとつ上がらないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る