【武田薬品工業】これからの出世には英語力が不可欠

公開日: 更新日:

「業績がこの1~2年は悪いので、ボーナスは下がっています。でも日本の医薬品市場は安定していますから心配はしていません。まあ、不安といえば、会社の体制が大きく変わることですかね」

 こう語るのは武田薬品工業のKさん(36)。

 昨年、クリストフ・ウェバー氏が社長に就任し、組織・人事制度改革が進行している。中途採用の外国人社員も増えているという。

「世界の拠点を統合した機能別の組織に生まれ変わり、上司が外国人というのは珍しくありません。日本語が話せない外国人も多く、本社部門はこの1年ぐらいの間に英語力が急激に求められています」

 確かに本社の中途採用の募集サイトは英語。英語ができることがマストになっている。Kさんも英会話学校に通うなど必死で勉強中だ。だが、その割に給与がいまひとつ上がらないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  9. 8

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  10. 9

    還元率25%マイナポイントへの遠い道のり…記者が区役所へ

  11. 10

    松尾貴史さん ナンシー関さんは自分を厳しく律していた

もっと見る