【井村屋】あずきバーで有名な会社は昔から女性も終身雇用

公開日: 更新日:

 連日猛暑が続く中、アイスキャンディーが恋しくなる。あずきバーの製造販売を手掛ける同社は、G7サミット開催が決定した三重県(津市)に本社を置く菓子メーカー。

 本社勤務のAさん(35)は「年収は400万円と業界でも安い方ですが、物価や家賃も安く生活には困りません」と言ってこう続ける。

「工場では、ご近所へのサービスで年に数回商品を格安で販売しています。主力のあずきバーが売り上げ全体の2割を占め、全国9割以上のスーパーで売られるなど、ナショナルブランドがあるので経営は安定しています。7月1日が『あずきバーの日』として認定を受けるなど、まさに看板商品ですね」と話す。

 明治29年創業の会社だけあって、男女とも終身雇用の伝統がある。

「三重県を代表する会社でもあるので、県が提唱する女性が活躍する職場づくりに力を入れています。産休や育休はもとより、子育てと両立するワーキングマザーが多いですね。安くてきれいな託児所(アイアイキッズルーム)があるし、子どもの急な発熱でも休める体制が整っています。また、女性の営業職を積極採用し、キャリアアップについても力を入れています」とAさん。

 米カリフォルニア州の子会社を拠点に海外販売も好調。AZUKIがいずれ世界に通用する日が来るかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る