330年以上の暗渠はいまも現役<荒木町>

公開日: 更新日:

 江戸時代、美濃国高須藩藩主、松平摂津守の上屋敷があった辺りが、四谷三丁目駅の北に広がる荒木町だ。

 車門通りから入り、下り坂を歩いていくと、金丸稲荷神社がある。石畳をどんどん下る。すると“谷底”のようなところに着く。急な階段があり、荒木町が高低差の激しい地であることがわかる。

 初代藩主・松平義行の屋敷には、滝もある大きな池があったそうだ。徳川家康が鷹狩りの時、池の近くの井戸水で乗馬用のムチ(策)を洗った。そのことから「策の井戸」と呼ばれるようになった。策の井戸からの湧水が池に注いでいたことから、池には「策の池」という名がついた。ちょうど“谷底”に、策の池の一部が残っている。

 夏の夕方。「津の守弁財天」と並ぶ「策の池」を前に、「ここで家康はムチを洗ったのか」なんて感慨に浸ろうかと思った……が、あえなく断念。時季と時間帯が悪かった。蚊の大群に襲われ、1分もしないうちに、むき出しの手と脚がボコボコに! かゆすぎる! 慌てて退散。何年か前の「市ケ谷経済新聞」に「策の池の亀やスッポンの姿」とあったが、残念ながら確認できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”