330年以上の暗渠はいまも現役<荒木町>

公開日:  更新日:

 江戸時代、美濃国高須藩藩主、松平摂津守の上屋敷があった辺りが、四谷三丁目駅の北に広がる荒木町だ。

 車門通りから入り、下り坂を歩いていくと、金丸稲荷神社がある。石畳をどんどん下る。すると“谷底”のようなところに着く。急な階段があり、荒木町が高低差の激しい地であることがわかる。

 初代藩主・松平義行の屋敷には、滝もある大きな池があったそうだ。徳川家康が鷹狩りの時、池の近くの井戸水で乗馬用のムチ(策)を洗った。そのことから「策の井戸」と呼ばれるようになった。策の井戸からの湧水が池に注いでいたことから、池には「策の池」という名がついた。ちょうど“谷底”に、策の池の一部が残っている。

 夏の夕方。「津の守弁財天」と並ぶ「策の池」を前に、「ここで家康はムチを洗ったのか」なんて感慨に浸ろうかと思った……が、あえなく断念。時季と時間帯が悪かった。蚊の大群に襲われ、1分もしないうちに、むき出しの手と脚がボコボコに! かゆすぎる! 慌てて退散。何年か前の「市ケ谷経済新聞」に「策の池の亀やスッポンの姿」とあったが、残念ながら確認できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る