330年以上の暗渠はいまも現役<荒木町>

公開日:  更新日:

 江戸時代、美濃国高須藩藩主、松平摂津守の上屋敷があった辺りが、四谷三丁目駅の北に広がる荒木町だ。

 車門通りから入り、下り坂を歩いていくと、金丸稲荷神社がある。石畳をどんどん下る。すると“谷底”のようなところに着く。急な階段があり、荒木町が高低差の激しい地であることがわかる。

 初代藩主・松平義行の屋敷には、滝もある大きな池があったそうだ。徳川家康が鷹狩りの時、池の近くの井戸水で乗馬用のムチ(策)を洗った。そのことから「策の井戸」と呼ばれるようになった。策の井戸からの湧水が池に注いでいたことから、池には「策の池」という名がついた。ちょうど“谷底”に、策の池の一部が残っている。

 夏の夕方。「津の守弁財天」と並ぶ「策の池」を前に、「ここで家康はムチを洗ったのか」なんて感慨に浸ろうかと思った……が、あえなく断念。時季と時間帯が悪かった。蚊の大群に襲われ、1分もしないうちに、むき出しの手と脚がボコボコに! かゆすぎる! 慌てて退散。何年か前の「市ケ谷経済新聞」に「策の池の亀やスッポンの姿」とあったが、残念ながら確認できなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る