• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三浦しをんの小説を追体験<多摩川沿い>

 ママチャリでも運転が怪しいのに、ロードバイクを手に入れてしまった。初心者には“ただ乗るだけ”すら難しく、乗り始め1日目は世田谷区経堂で練習を重ねた上で、ロードバイク乗りの大先輩について、多摩川まで走ることに。だから、“街歩き”ではなく、“街自転車走り”。

 小田急線の線路沿いに進む。成城学園までは、普段ジョギングをしている道と重なるが、ロードバイクで行くのとは“皮膚感”が違う。“ビョーッ”という風の音が耳元でして、頬の皮がブルブル震える。周囲の景色がスーッと後ろに流れていく。ママチャリのオバサンにも抜かされるレベルのスピードとはいえ、気分はいっぱしの“ロードバイカー”だ。

 ギアチェンジをするところまで到達せず、一番軽い状態で走って多摩川まで1時間半くらいかかっただろうか。パーッと視界が広がった。

 私から見ると信じられないスピードで飛ばすロードバイクの達人のような人たち。一方で、ゆったりママチャリをこぐ高齢者もいる。“達人”の邪魔にならないように、ママチャリの人々と同化するように、景色を楽しみながら走ろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る