三浦しをんの小説を追体験<多摩川沿い>

公開日: 更新日:

 ママチャリでも運転が怪しいのに、ロードバイクを手に入れてしまった。初心者には“ただ乗るだけ”すら難しく、乗り始め1日目は世田谷区経堂で練習を重ねた上で、ロードバイク乗りの大先輩について、多摩川まで走ることに。だから、“街歩き”ではなく、“街自転車走り”。

 小田急線の線路沿いに進む。成城学園までは、普段ジョギングをしている道と重なるが、ロードバイクで行くのとは“皮膚感”が違う。“ビョーッ”という風の音が耳元でして、頬の皮がブルブル震える。周囲の景色がスーッと後ろに流れていく。ママチャリのオバサンにも抜かされるレベルのスピードとはいえ、気分はいっぱしの“ロードバイカー”だ。

 ギアチェンジをするところまで到達せず、一番軽い状態で走って多摩川まで1時間半くらいかかっただろうか。パーッと視界が広がった。

 私から見ると信じられないスピードで飛ばすロードバイクの達人のような人たち。一方で、ゆったりママチャリをこぐ高齢者もいる。“達人”の邪魔にならないように、ママチャリの人々と同化するように、景色を楽しみながら走ろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る