三浦しをんの小説を追体験<多摩川沿い>

公開日:  更新日:

 ママチャリでも運転が怪しいのに、ロードバイクを手に入れてしまった。初心者には“ただ乗るだけ”すら難しく、乗り始め1日目は世田谷区経堂で練習を重ねた上で、ロードバイク乗りの大先輩について、多摩川まで走ることに。だから、“街歩き”ではなく、“街自転車走り”。

 小田急線の線路沿いに進む。成城学園までは、普段ジョギングをしている道と重なるが、ロードバイクで行くのとは“皮膚感”が違う。“ビョーッ”という風の音が耳元でして、頬の皮がブルブル震える。周囲の景色がスーッと後ろに流れていく。ママチャリのオバサンにも抜かされるレベルのスピードとはいえ、気分はいっぱしの“ロードバイカー”だ。

 ギアチェンジをするところまで到達せず、一番軽い状態で走って多摩川まで1時間半くらいかかっただろうか。パーッと視界が広がった。

 私から見ると信じられないスピードで飛ばすロードバイクの達人のような人たち。一方で、ゆったりママチャリをこぐ高齢者もいる。“達人”の邪魔にならないように、ママチャリの人々と同化するように、景色を楽しみながら走ろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る