三浦しをんの小説を追体験<多摩川沿い>

公開日:  更新日:

 ママチャリでも運転が怪しいのに、ロードバイクを手に入れてしまった。初心者には“ただ乗るだけ”すら難しく、乗り始め1日目は世田谷区経堂で練習を重ねた上で、ロードバイク乗りの大先輩について、多摩川まで走ることに。だから、“街歩き”ではなく、“街自転車走り”。

 小田急線の線路沿いに進む。成城学園までは、普段ジョギングをしている道と重なるが、ロードバイクで行くのとは“皮膚感”が違う。“ビョーッ”という風の音が耳元でして、頬の皮がブルブル震える。周囲の景色がスーッと後ろに流れていく。ママチャリのオバサンにも抜かされるレベルのスピードとはいえ、気分はいっぱしの“ロードバイカー”だ。

 ギアチェンジをするところまで到達せず、一番軽い状態で走って多摩川まで1時間半くらいかかっただろうか。パーッと視界が広がった。

 私から見ると信じられないスピードで飛ばすロードバイクの達人のような人たち。一方で、ゆったりママチャリをこぐ高齢者もいる。“達人”の邪魔にならないように、ママチャリの人々と同化するように、景色を楽しみながら走ろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る