• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「シルバーウイーク」に帰省…老親待つ実家でやるべきこと

 19日からの連休は、敬老の日、秋の彼岸(秋分の日)と続くので、実家に帰省する人が多いはず。久しぶりに年老いた親に会い、兄弟同士が顔を合わせる。この機会に忘れずにやっておきたいことがある。親へのプレゼントやお墓参りではない。それは何かというと――。

 親元で兄弟が顔を合わせたら、真っ先に“親が介護になったとき”の相談をしておきたい。大半はこれナシのため、イザ、親が倒れる事態に直面して慌てふためく。結果、虐待があるようなトンデモ施設を選んでしまう羽目になりかねない。

「田舎の親が倒れた時の選択肢は、在宅、施設、東京に連れてくる、この3つ。おおむね親たちは在宅を希望しますが、家族や兄弟間では『その時、どうするか』のコンセンサスをつくっておくといい。介護保険で使えるのは何か、自治体から補助を受けられるのは何か? さらには、デイサービスや民間の介護施設はどこかなど、最低限の情報を取っておく。各市町村でサービス内容が違うため、帰省時にやるのがベスト。このシミュレーションができていると、介護が必要になったとき、慌てることはありません」(全国介護者支援協議会理事長・上原喜光氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る