• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

下町育ち 俳優田中圭もお気にいり 餃子の名店「亀戸餃子本店」

 演技派のイケメン俳優、田中圭(31)の行きつけは地元亀戸の有名店「亀戸餃子本店」。亀戸駅を出てすぐの路地裏に店があり、開店前から客が店頭に列をなすほどの人気店だ。

 昭和30年創業の老舗で、現在は2代目店主が切り盛りしている。メニューは「焼き餃子」(5個250円)とドリンクのみ。ラーメンもライスも一切なしという“餃子一筋”のスタイルを、創業以来貫いてきた。

 餃子だけなので、いちいちオーダーをしなくてもまるで“わんこそば”のごとく、次々と餃子が運ばれてくる。女性客でも3~4皿は普通に平らげ、中には7皿、8皿を平気で食べていく常連もいるとか。

 それだけ食べても飽きないワケは、素材を生かしたシンプルな味わいにある。

「とにかくお客さんには体にいいものを食べてほしい。だから、野菜はニンニクも含めてすべて国産です。油も良質なのでたくさん食べても重くならず、それでいてスタミナはたっぷり! 餃子を食べて元気になっていただきたいですね」(2代目店主の石井さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る