• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

200万円台から購入可能 大人も遊べる「軽キャンカー」入門

 遊びの道具は大きければいいというわけではなさそうだ。いま、軽自動車のキャンピングカーが、リタイア世代を中心に人気上昇中。一番の魅力は価格の安さ。大型キャンピングカーは新車で1000万円くらいするモノも珍しくない中、“軽キャンカー”は200万円台から購入可能。しかも、小回りが利く上、燃費もいい点がウリで……。

「ウチで6月に発売したデッキクルーザーは人気上々です。軽自動車の背中部分をくり抜いて後ろのデッキとつなぎ、ドア1枚で通り抜けができるキャンピングカー。これだと、4人乗れます。購入者は、20代のサーファーから年金世代までさまざま。年金生活になって、維持費を考え、大きな車から乗り換えた方や、夫婦で四国の霊場巡りに出かけた方もいます」

 こう言うのは、都内で軽キャンカーを扱う「コイズミ」の担当者。同社はもともと「かるキャン」シリーズで人気を博したが、新規投入したデッキクルーザータイプも好評だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る