200万円台から購入可能 大人も遊べる「軽キャンカー」入門

公開日:  更新日:

 遊びの道具は大きければいいというわけではなさそうだ。いま、軽自動車のキャンピングカーが、リタイア世代を中心に人気上昇中。一番の魅力は価格の安さ。大型キャンピングカーは新車で1000万円くらいするモノも珍しくない中、“軽キャンカー”は200万円台から購入可能。しかも、小回りが利く上、燃費もいい点がウリで……。

「ウチで6月に発売したデッキクルーザーは人気上々です。軽自動車の背中部分をくり抜いて後ろのデッキとつなぎ、ドア1枚で通り抜けができるキャンピングカー。これだと、4人乗れます。購入者は、20代のサーファーから年金世代までさまざま。年金生活になって、維持費を考え、大きな車から乗り換えた方や、夫婦で四国の霊場巡りに出かけた方もいます」

 こう言うのは、都内で軽キャンカーを扱う「コイズミ」の担当者。同社はもともと「かるキャン」シリーズで人気を博したが、新規投入したデッキクルーザータイプも好評だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る