200万円台から購入可能 大人も遊べる「軽キャンカー」入門

公開日: 更新日:

 遊びの道具は大きければいいというわけではなさそうだ。いま、軽自動車のキャンピングカーが、リタイア世代を中心に人気上昇中。一番の魅力は価格の安さ。大型キャンピングカーは新車で1000万円くらいするモノも珍しくない中、“軽キャンカー”は200万円台から購入可能。しかも、小回りが利く上、燃費もいい点がウリで……。

「ウチで6月に発売したデッキクルーザーは人気上々です。軽自動車の背中部分をくり抜いて後ろのデッキとつなぎ、ドア1枚で通り抜けができるキャンピングカー。これだと、4人乗れます。購入者は、20代のサーファーから年金世代までさまざま。年金生活になって、維持費を考え、大きな車から乗り換えた方や、夫婦で四国の霊場巡りに出かけた方もいます」

 こう言うのは、都内で軽キャンカーを扱う「コイズミ」の担当者。同社はもともと「かるキャン」シリーズで人気を博したが、新規投入したデッキクルーザータイプも好評だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  5. 5

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  8. 8

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  9. 9

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  10. 10

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

もっと見る