ブラマヨ小杉もお気に入り!素材のうまさが際立つ「六本木 銀座苑」の焼き肉

公開日:  更新日:

 漫才コンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(42)はひとりでも焼き肉屋に足を運ぶほど、大の焼き肉好き。そんな小杉がテレビで行きつけの店として紹介していたのが創業40年の老舗の焼き肉店「六本木 銀座苑」。

 場所は地下鉄六本木駅から5分ほど歩いた繁華街の一角。もともと目黒で長く営業してきた人気店で、1年前にこの地に移転。近隣のサラリーマンはもちろん、古くからの常連客が店の味を求めて今も通い続けている。

 支持され続ける最大の理由は、素材へのこだわり。肉は国産牛及び和牛の中から店主が厳選。脂が多い部位はできるだけ使わず、良質な部位を厚めにカットすることで肉本来の味わいをとことん楽しめるようにしている。

「厚切りにするといっても、肉が硬くては噛めたものではないですし、薄すぎても焼いた時に肉汁が飛んでしまいます。だからこそ、肉質を吟味して厚めでも軟らかく食べられるものを厳選。働き盛りの方々に栄養満点のいい肉をたくさん食べていただいて、元気になってほしいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る