再ブレーク 森脇健児が必ず立ち寄る「鉄板お好み焼き だるま」

公開日: 更新日:

 90年代にバラエティーで大活躍。関西を中心に芸能活動を展開し、最近では再び全国区に進出中の森脇健児(48)。そんな森脇が仕事で東京に来るたびに足を運んでいるのが、中央区新川にある店「鉄板お好み焼 だるま」だ。

 場所は地下鉄八丁堀駅から歩いて5分ほど。関西出身の店主・森本欽二さんが腕を振るう本場の味が受け、近隣のサラリーマンはもちろん、関西出身者にも広く親しまれている。

 生地には大和芋を使用し、仕上げにおたふくソースをたっぷりと使用する。奇をてらわないオーソドックスな味わいこそが、この店の最大の魅力だ。

「ウチのお好み焼きはこれといった特徴はなく、あくまで“関西人なら誰でも小さいころから慣れ親しんだ味”。至って普通ですが、だからこそ妥協はせずに、一つ一つ丁寧に作るのが信条。アツアツの作りたてを味わっていただきたいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る