再ブレーク 森脇健児が必ず立ち寄る「鉄板お好み焼き だるま」

公開日: 更新日:

 90年代にバラエティーで大活躍。関西を中心に芸能活動を展開し、最近では再び全国区に進出中の森脇健児(48)。そんな森脇が仕事で東京に来るたびに足を運んでいるのが、中央区新川にある店「鉄板お好み焼 だるま」だ。

 場所は地下鉄八丁堀駅から歩いて5分ほど。関西出身の店主・森本欽二さんが腕を振るう本場の味が受け、近隣のサラリーマンはもちろん、関西出身者にも広く親しまれている。

 生地には大和芋を使用し、仕上げにおたふくソースをたっぷりと使用する。奇をてらわないオーソドックスな味わいこそが、この店の最大の魅力だ。

「ウチのお好み焼きはこれといった特徴はなく、あくまで“関西人なら誰でも小さいころから慣れ親しんだ味”。至って普通ですが、だからこそ妥協はせずに、一つ一つ丁寧に作るのが信条。アツアツの作りたてを味わっていただきたいですね」(店主)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  8. 8

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る