下町育ちの中村アンが子供の頃から慣れ親しむ深川の名店「甘味処 いり江」

公開日:  更新日:

 バラエティーでの辛口トークが受けて人気急上昇中のモデル、中村アン(28)。東京・深川で育った彼女が長年、通い詰めているのが「甘味処 いり江」だ。

 場所は深川不動尊にほど近い、静かな路地。昭和初期に創業した寒天の製造・卸店がその前身で昭和45年に自家製寒天を使った甘味処をオープン。以来、地元客をはじめ深川不動尊の参拝客にも親しまれてきた、深川では知らない人はいない名店だ。

 世代を超えて支持される理由は、素材を吟味し、その持ち味を最大限に生かす、手作りの味にある。元製造卸というだけに寒天へのこだわりはひとしお。あえて2種類の天草をブレンドすることで、風味と弾力を存分に引き出している。ほかにも、豆は厳選した赤えんどう豆をとろ火で6時間煮込んでふっくらと仕上げ、あんも十勝産の小豆を丁寧に練り上げるこだわり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る