味と品揃えが格段進化 “フリーズドライ”が大ブームのワケ

公開日: 更新日:

 一昔前のフリーズドライ食品は、即席麺の具やインスタントスープが関の山。しかし近ごろは驚くほど種類が増えている。具だくさんのみそ汁は当たり前で、カレーやシチュー、リゾットにパスタ、親子丼の具に切り干し大根の煮物まで、フリーズドライだけで夕食のおかずが揃ってしまうほど。その盛り上がりは第3次ブームともいわれている。なぜ今、フリーズドライなのか。

■素材の良さを壊さない保存方法

 カラカラに乾いたフリーズドライ食品。味も栄養素も飛んでしまっていそうだが、「全く逆。フリーズドライは他の保存方法に比べ、素材の良さを限りなく壊さない点で優れているんです」と言うのは、1969年の創業からフリーズドライ一筋の「コスモス食品」(兵庫県)の松島肇さん。その秘密は製法にあるという。

 フリーズドライは、凍らせた食品を真空状態に置いて乾燥させる技術。気圧の低い真空下では、凍らせた水分、つまり氷は水に戻らず一気に水蒸気に“昇華”する。そのため、氷のあった部分には無数の穴がスポンジのように開く。お湯を注ぐとこの穴に水分が入り、瞬間的に元の状態に戻るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る