• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

味と品揃えが格段進化 “フリーズドライ”が大ブームのワケ

 一昔前のフリーズドライ食品は、即席麺の具やインスタントスープが関の山。しかし近ごろは驚くほど種類が増えている。具だくさんのみそ汁は当たり前で、カレーやシチュー、リゾットにパスタ、親子丼の具に切り干し大根の煮物まで、フリーズドライだけで夕食のおかずが揃ってしまうほど。その盛り上がりは第3次ブームともいわれている。なぜ今、フリーズドライなのか。

■素材の良さを壊さない保存方法

 カラカラに乾いたフリーズドライ食品。味も栄養素も飛んでしまっていそうだが、「全く逆。フリーズドライは他の保存方法に比べ、素材の良さを限りなく壊さない点で優れているんです」と言うのは、1969年の創業からフリーズドライ一筋の「コスモス食品」(兵庫県)の松島肇さん。その秘密は製法にあるという。

 フリーズドライは、凍らせた食品を真空状態に置いて乾燥させる技術。気圧の低い真空下では、凍らせた水分、つまり氷は水に戻らず一気に水蒸気に“昇華”する。そのため、氷のあった部分には無数の穴がスポンジのように開く。お湯を注ぐとこの穴に水分が入り、瞬間的に元の状態に戻るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る