物価安くアクセス良し 山手線“ダサい駅”は住みやすさ抜群

公開日:  更新日:

 今月、不動産・住宅情報サイト「ホームズ」が発表したJR山手線の「ダサいと思う駅ランキング」が波紋を広げている。

 ワーストワンは鴬谷。「いかがわしい感じ」「風俗店が多いイメージ」「場末な感じがする」などの声が並んだという。新大久保以外の4駅は池袋-上野間の北側の駅だったが、イメージだけで住む場所を決めるともったいない。

 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。

「鴬谷以外の4駅はどれもおすすめです。例えば、田端は何もないイメージがありますが、駅ビルが隣接しているし、昔ながらの商店街も充実しています。物価も安い。京浜東北線も止まり、上野、池袋、赤羽の主要ターミナルへのアクセスも便利です。巣鴨もほぼ同じ理由ですが、お年寄りに優しい街は庶民にも優しい。おいしい飲食店も充実しています。新大久保は駅周辺にマンションがほとんどありませんが、少し歩くと落ち着いた居住地域があります。エスニック料理が好きな人にとってはかなり楽しい街だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る