「ご当地おでん」いまだ発展中 研究家語る歴史とトレンド

公開日: 更新日:

 暖冬だと思ったら、大寒波。この冬は気候の変動が激しいが、体が芯から冷えるような夜は、ダシをた~っぷり含んだ温かいおでんがいい。熱燗でクイ~ッとやれば極楽極楽だが、おなじ料理でありながら、これほど地域によって味付けや食材が異なるのも珍しいのがおでんだ。

 ルポライターでおでん研究家の新井由己氏は、「関東で“スジ”を注文すると、魚のすり身を固めたものが出てきます。一方、関西でスジといえば牛スジ。はんぺんも静岡では灰色で平べったい“黒はんぺん”のことですし、名古屋なら“さつま揚げ”が出てきます。それだけおでんはご当地色が濃い」と言う。

 ルーツは南北朝時代に生まれた、豆腐を煮て味噌をつけて食べる「田楽」。その後、江戸時代に味噌や醤油の煮物風になり、今の汁気たっぷりのスタイルになったのは明治時代、東京・本郷の「呑喜」が売り出した「改良おでん」から。その後、大正時代に関西へ伝わり、昆布ダシが加わることで料理として発展。昭和の初めに全国へと広がっていったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る