「ご当地おでん」いまだ発展中 研究家語る歴史とトレンド

公開日: 更新日:

 暖冬だと思ったら、大寒波。この冬は気候の変動が激しいが、体が芯から冷えるような夜は、ダシをた~っぷり含んだ温かいおでんがいい。熱燗でクイ~ッとやれば極楽極楽だが、おなじ料理でありながら、これほど地域によって味付けや食材が異なるのも珍しいのがおでんだ。

 ルポライターでおでん研究家の新井由己氏は、「関東で“スジ”を注文すると、魚のすり身を固めたものが出てきます。一方、関西でスジといえば牛スジ。はんぺんも静岡では灰色で平べったい“黒はんぺん”のことですし、名古屋なら“さつま揚げ”が出てきます。それだけおでんはご当地色が濃い」と言う。

 ルーツは南北朝時代に生まれた、豆腐を煮て味噌をつけて食べる「田楽」。その後、江戸時代に味噌や醤油の煮物風になり、今の汁気たっぷりのスタイルになったのは明治時代、東京・本郷の「呑喜」が売り出した「改良おでん」から。その後、大正時代に関西へ伝わり、昆布ダシが加わることで料理として発展。昭和の初めに全国へと広がっていったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  10. 10

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

もっと見る