「ご当地おでん」いまだ発展中 研究家語る歴史とトレンド

公開日:  更新日:

 暖冬だと思ったら、大寒波。この冬は気候の変動が激しいが、体が芯から冷えるような夜は、ダシをた~っぷり含んだ温かいおでんがいい。熱燗でクイ~ッとやれば極楽極楽だが、おなじ料理でありながら、これほど地域によって味付けや食材が異なるのも珍しいのがおでんだ。

 ルポライターでおでん研究家の新井由己氏は、「関東で“スジ”を注文すると、魚のすり身を固めたものが出てきます。一方、関西でスジといえば牛スジ。はんぺんも静岡では灰色で平べったい“黒はんぺん”のことですし、名古屋なら“さつま揚げ”が出てきます。それだけおでんはご当地色が濃い」と言う。

 ルーツは南北朝時代に生まれた、豆腐を煮て味噌をつけて食べる「田楽」。その後、江戸時代に味噌や醤油の煮物風になり、今の汁気たっぷりのスタイルになったのは明治時代、東京・本郷の「呑喜」が売り出した「改良おでん」から。その後、大正時代に関西へ伝わり、昆布ダシが加わることで料理として発展。昭和の初めに全国へと広がっていったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る