顧客が主体で細分化! 大手コンビニ「おでん」最新事情

公開日: 更新日:

 いまや、おでんはコンビニの定番。B級グルメ評論家で、おでん研究家の柳生九兵衛氏がこう言う。

「具材やダシ汁など、地域に合わせて細分化が徹底されており、コンビニおでんはますます進化しています」

 そこで、大手コンビニの特徴と最新事情を聞いた。

■セブン―イレブン

 77年から販売を始めた“コンビニおでん”の元祖。ダシ汁のウマさ、品数はダントツ。柳生さんがおでんにハマったのは、セブンのしらたきがきっかけだそう。

「しらたきをこんにゃくリングで束ねる、という高スペックに感動しまして。結びしらたきと違いダシがムラなく染みていてウマい。これがたかだか80円とはすごいと思います。ダシ汁だけで全国8種、だし巻き卵で5種とエリア別にしているこまやかさは秀逸。都内と埼玉でも具材が異なるものもあり、僕も全ては制覇できていません。新作は『枝豆天』『真いか握り串』など4種。これも地域により取り扱いが異なるので、全て食べるのはなかなか難しい。大阪、和歌山の一部販売の『どて』、青森限定の『ほたて串』は販売エリアが極端に絞られていますから、出張の際にチェックすると楽しめますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る