顧客が主体で細分化! 大手コンビニ「おでん」最新事情

公開日:  更新日:

 いまや、おでんはコンビニの定番。B級グルメ評論家で、おでん研究家の柳生九兵衛氏がこう言う。

「具材やダシ汁など、地域に合わせて細分化が徹底されており、コンビニおでんはますます進化しています」

 そこで、大手コンビニの特徴と最新事情を聞いた。

■セブン―イレブン

 77年から販売を始めた“コンビニおでん”の元祖。ダシ汁のウマさ、品数はダントツ。柳生さんがおでんにハマったのは、セブンのしらたきがきっかけだそう。

「しらたきをこんにゃくリングで束ねる、という高スペックに感動しまして。結びしらたきと違いダシがムラなく染みていてウマい。これがたかだか80円とはすごいと思います。ダシ汁だけで全国8種、だし巻き卵で5種とエリア別にしているこまやかさは秀逸。都内と埼玉でも具材が異なるものもあり、僕も全ては制覇できていません。新作は『枝豆天』『真いか握り串』など4種。これも地域により取り扱いが異なるので、全て食べるのはなかなか難しい。大阪、和歌山の一部販売の『どて』、青森限定の『ほたて串』は販売エリアが極端に絞られていますから、出張の際にチェックすると楽しめますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る