サントリーがFA制度 「海外勤務で成功する人」の条件とは

公開日: 更新日:

 三菱商事からローソンに転籍したキャリアを持つ新浪社長らしい大胆なプランだ――。

 経営者目線で評価する声も聞かれるのが、サントリーHDが打ち出した海外グループ会社への移籍制度。同社は、欧米やアジアを中心に265社のグループ企業を抱え、15カ国35社に課長級以上で約90人が出向している。その管理職が希望し、出向先の同意があれば移籍が成立する。

 サントリーの“海外FA制度”は、海外事業の強化と専門的な幹部社員の育成が狙い。今春にも導入するという。出向中は国内の人事制度や待遇になるが、移籍後は各社の待遇に準じる。海外は業績連動型の給与体系が一般的なことから、働きぶりによっては年収が2倍以上にハネ上がる可能性もあるそうだ。

■もはや珍しくなくなった海外勤務

 商社やメーカーなど海外で事業を展開する企業は珍しくない。外務省の「海外在留邦人数統計」平成27年要約版によれば、在留邦人は約129万人と過去最多を記録している。グローバル化のさらなる拡大で、海外勤務する日本人は、今後はもっと増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る