サントリーがFA制度 「海外勤務で成功する人」の条件とは

公開日: 更新日:

 三菱商事からローソンに転籍したキャリアを持つ新浪社長らしい大胆なプランだ――。

 経営者目線で評価する声も聞かれるのが、サントリーHDが打ち出した海外グループ会社への移籍制度。同社は、欧米やアジアを中心に265社のグループ企業を抱え、15カ国35社に課長級以上で約90人が出向している。その管理職が希望し、出向先の同意があれば移籍が成立する。

 サントリーの“海外FA制度”は、海外事業の強化と専門的な幹部社員の育成が狙い。今春にも導入するという。出向中は国内の人事制度や待遇になるが、移籍後は各社の待遇に準じる。海外は業績連動型の給与体系が一般的なことから、働きぶりによっては年収が2倍以上にハネ上がる可能性もあるそうだ。

■もはや珍しくなくなった海外勤務

 商社やメーカーなど海外で事業を展開する企業は珍しくない。外務省の「海外在留邦人数統計」平成27年要約版によれば、在留邦人は約129万人と過去最多を記録している。グローバル化のさらなる拡大で、海外勤務する日本人は、今後はもっと増えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  8. 8

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る