日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ドミノ・ピザジャパン】社長の店舗視察で給与に差

 花見に便利な宅配ピザ。全国で400店舗を展開するドミノ・ピザジャパンに勤務するAさん(34)は「待遇は全般的にいいですね。年収は600万円、スーパーバイザーになると700万円を超えちゃいます。完全成果主義なので売り上げ次第でボーナスや給与が上がる仕組み。店舗は大半がアルバイトですが、社会人の掛け持ちも多く、時給が高いこともあって、モチベーションは高いですね」と言う。

 最近はiPadを使った進級システムの導入で、スタッフの効率的な教育が行えるのもプラスに働いているという。

「ネックは年末年始やGW、お盆の時期に休みが取れないことですね」(Aさん)

 ピザが半額になる社員割引などがあり、1カ月ごとのシフト制をうまくやりくりすれば1週間ほどのリフレッシュ休暇が取れるという。


「拘束時間が長いからと辞めていく社員も多い一方、フリーターから正社員になるケースもあり人材は流動的ですね。社長のスコット・オルカーさんが年に1度店舗を訪れ、評価に応じて給与に還元してもらえるのがうれしいところ。女性でも産休や育休を取って職場復帰していますので、大手ということもあり安心して働けると思います」と話すAさん。

 CMコピーの「ひらけ、おいしさ。」は社員にも当てはまるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事