同時テロから5カ月 GW前に知っておきたい「パリの現在」

公開日: 更新日:

 在仏20年のアーティストAさん(46歳)も「一時はレストランやホテルで働く友人たちが『観光客が少なくて困った』と言っていましたが、最近はあまり聞かないですね。とはいえ、日本人観光客は見かけません」。

 街中の警備はどうか。ベルギーでのテロ事件を受け、さぞかしピリピリしているかと思いきや、「11月のテロ直後は、コートの前を広げて爆弾を装着していないかのチェックまでありましたが、今は荷物チェックくらい」(Yさん)。

 Aさんは「ユルくなった気がしますねぇ」という。テロリストの移動手段にもなり、1年前には外国行きの列車内でテロ未遂事件もあったが、今や荷物チェックはスルー状態。

「先日スイスまでの列車に乗ったときは、乗車時に何のチェックもありませんでした。デパートやコンサート会場でも大人のバッグは中をちらっと確認しても、子供のリュックサックはノーチェック。子供に何か持たせているという危険性もあるだろうに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る