「座って通勤」で人気 “始発マンション”の狙い目路線は?

公開日: 更新日:

 ちょっとしたブームなのか。中央線の都内最西端の高尾駅周辺のマンションで即日完売が相次いでいる。昨年、南口から歩いて7分ほどのマンションを購入した30代の男性は「東京駅まで中央特快で1時間チョイ。座れるから、終点のイメージほど通勤の負担はありません」と笑う。

 中央線の場合、最も混む中野から新宿の混雑率は191%。人気エリアの高円寺から三鷹あたりに住む人は、毎朝、高額物件を手に入れたステータスを押し潰されながら乗り込まなければいけない。

 座って通勤できる始発物件住まいなら、そんな苦労もないというのが、始発マンション人気の背景だ。そうだとすれば、狙い目の始発はほかにもあるはず。

 Yさん(42)は5年前、宇都宮線の栗橋駅から徒歩5分のマンションを売却。始発の宇都宮の中古マンションを1000万円で購入した。神田のオフィスまでの通勤時間は30分増の2時間に増えたが、「苦労はない」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  6. 6

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  7. 7

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  8. 8

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る