「座って通勤」で人気 “始発マンション”の狙い目路線は?

公開日: 更新日:

 ちょっとしたブームなのか。中央線の都内最西端の高尾駅周辺のマンションで即日完売が相次いでいる。昨年、南口から歩いて7分ほどのマンションを購入した30代の男性は「東京駅まで中央特快で1時間チョイ。座れるから、終点のイメージほど通勤の負担はありません」と笑う。

 中央線の場合、最も混む中野から新宿の混雑率は191%。人気エリアの高円寺から三鷹あたりに住む人は、毎朝、高額物件を手に入れたステータスを押し潰されながら乗り込まなければいけない。

 座って通勤できる始発物件住まいなら、そんな苦労もないというのが、始発マンション人気の背景だ。そうだとすれば、狙い目の始発はほかにもあるはず。

 Yさん(42)は5年前、宇都宮線の栗橋駅から徒歩5分のマンションを売却。始発の宇都宮の中古マンションを1000万円で購入した。神田のオフィスまでの通勤時間は30分増の2時間に増えたが、「苦労はない」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  3. 3

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  7. 7

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  8. 8

    NGT48山口真帆の気になる卒業後 引っ張りダコか干されるか

  9. 9

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

  10. 10

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る