「座って通勤」で人気 “始発マンション”の狙い目路線は?

公開日:  更新日:

 ちょっとしたブームなのか。中央線の都内最西端の高尾駅周辺のマンションで即日完売が相次いでいる。昨年、南口から歩いて7分ほどのマンションを購入した30代の男性は「東京駅まで中央特快で1時間チョイ。座れるから、終点のイメージほど通勤の負担はありません」と笑う。

 中央線の場合、最も混む中野から新宿の混雑率は191%。人気エリアの高円寺から三鷹あたりに住む人は、毎朝、高額物件を手に入れたステータスを押し潰されながら乗り込まなければいけない。

 座って通勤できる始発物件住まいなら、そんな苦労もないというのが、始発マンション人気の背景だ。そうだとすれば、狙い目の始発はほかにもあるはず。

 Yさん(42)は5年前、宇都宮線の栗橋駅から徒歩5分のマンションを売却。始発の宇都宮の中古マンションを1000万円で購入した。神田のオフィスまでの通勤時間は30分増の2時間に増えたが、「苦労はない」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る