「座って通勤」で人気 “始発マンション”の狙い目路線は?

公開日:  更新日:

 ちょっとしたブームなのか。中央線の都内最西端の高尾駅周辺のマンションで即日完売が相次いでいる。昨年、南口から歩いて7分ほどのマンションを購入した30代の男性は「東京駅まで中央特快で1時間チョイ。座れるから、終点のイメージほど通勤の負担はありません」と笑う。

 中央線の場合、最も混む中野から新宿の混雑率は191%。人気エリアの高円寺から三鷹あたりに住む人は、毎朝、高額物件を手に入れたステータスを押し潰されながら乗り込まなければいけない。

 座って通勤できる始発物件住まいなら、そんな苦労もないというのが、始発マンション人気の背景だ。そうだとすれば、狙い目の始発はほかにもあるはず。

 Yさん(42)は5年前、宇都宮線の栗橋駅から徒歩5分のマンションを売却。始発の宇都宮の中古マンションを1000万円で購入した。神田のオフィスまでの通勤時間は30分増の2時間に増えたが、「苦労はない」と笑う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る