• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ポリオ・ウイルスのがん治療 米国FDA指定で実用化に前進

 ポリオ・ウイルスによるがん治療は、デューク大学のマサイヤス・グローマイヤー(Matthias Gromeier)医師が中心となって20年以上にわたり開発、臨床実験を続けていたものです。先日、この治療がFDA(米食品医薬品局)の「画期的な治療法」の指定を受け、実用化への新たな一歩を踏み出したと発表されました。

 最初の臨床実験は2012年。悪性の脳腫瘍「膠芽腫(こうがしゅ)」と診断された当時20歳のステファニー・リプスコムさんは、最後の手段としてポリオ・ウイルス治療の最初の被験者になる決心をしました。

 ポリオ・ウイルスはがん細胞に注入されると、毒素を発生してがん細胞を攻撃するのと同時に、ヒトの免疫系を活性化してがん細胞を破壊します。

 治療の結果、テニスボール大だったステファニーさんの腫瘍は数カ月後にすっかり消え、4年後の今も再発の兆候はないといいます。この後、デューク大学では20回以上の臨床実験を繰り返し、その模様はテレビのドキュメンタリーでも紹介されて話題を呼びました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  6. 6

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る