シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

ポリオ・ウイルスのがん治療 米国FDA指定で実用化に前進

公開日: 更新日:

 ポリオ・ウイルスによるがん治療は、デューク大学のマサイヤス・グローマイヤー(Matthias Gromeier)医師が中心となって20年以上にわたり開発、臨床実験を続けていたものです。先日、この治療がFDA(米食品医薬品局)の「画期的な治療法」の指定を受け、実用化への新たな一歩を踏み出したと発表されました。

 最初の臨床実験は2012年。悪性の脳腫瘍「膠芽腫(こうがしゅ)」と診断された当時20歳のステファニー・リプスコムさんは、最後の手段としてポリオ・ウイルス治療の最初の被験者になる決心をしました。

 ポリオ・ウイルスはがん細胞に注入されると、毒素を発生してがん細胞を攻撃するのと同時に、ヒトの免疫系を活性化してがん細胞を破壊します。

 治療の結果、テニスボール大だったステファニーさんの腫瘍は数カ月後にすっかり消え、4年後の今も再発の兆候はないといいます。この後、デューク大学では20回以上の臨床実験を繰り返し、その模様はテレビのドキュメンタリーでも紹介されて話題を呼びました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る