林家正蔵が太鼓判 世代超えて愛される老舗「神田餃子屋 本店」

公開日: 更新日:

 飲み屋が軒を連ねる細い路地裏に“神田餃子屋”の黄色い看板。神保町にある「神田餃子屋 本店」は食通の林家正蔵(53)もひいきにしている、餃子好きには知られた名店だ。昭和33年の創業で、現在は2代目店主が切り盛りしている。餃子以外にも、麺類や炒め物など中華料理のメニューは豊富で、「餃子がおいしいまちの中華屋さん」として地元で長く親しまれてきた。

 もともと餃子は1種類しかなかったそうだが、今ではバリエーションも多彩に。そのすべてに共通しているのがモッチリとした厚い皮、そして素材の持ち味を生かした手作りの餡だ。

「餃子の種類が増えても、やってることは基本的に同じ。素材そのものの味を楽しんでもらう、それが創業以来のウチのスタイルです。皮の原料は小麦と水だけで、保存料などは一切なし。作りたてのおいしさを楽しんでいただきたいですね」(スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る