【ホットランド(築地銀だこ)】独立支援でFCオーナーも

公開日: 更新日:

 中東ドバイに進出する築地銀だこ。今後5年間で中東に35店舗のオープンを目指すと鼻息が荒い。

 運営会社のホットランドに勤務するAさん(28)は、「年収は約420万円です。社員は基本、店長スタートで、残業代もしっかり出ます」と話す。

 もちろん、入社後の2週間の社員研修で、たこ焼きの作り方や接客、マネジメントの基礎を徹底的に叩き込まれる。

「今はテレビで放送されていたような厳しいものはありません。店舗運営は任せてもらえますが、土日を含めて休みが不定期なのがネックですね。ライバル店がないので店舗数も増え、上場もしたので今後の昇給に期待したいところです」とAさん。

 1997年の1号店から今や年商300億円を突破する企業に成長している。

 一方、体育会系のノリについていけず、20代の離職率が高いとAさんは漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る