【ホットランド(築地銀だこ)】独立支援でFCオーナーも

公開日:  更新日:

 中東ドバイに進出する築地銀だこ。今後5年間で中東に35店舗のオープンを目指すと鼻息が荒い。

 運営会社のホットランドに勤務するAさん(28)は、「年収は約420万円です。社員は基本、店長スタートで、残業代もしっかり出ます」と話す。

 もちろん、入社後の2週間の社員研修で、たこ焼きの作り方や接客、マネジメントの基礎を徹底的に叩き込まれる。

「今はテレビで放送されていたような厳しいものはありません。店舗運営は任せてもらえますが、土日を含めて休みが不定期なのがネックですね。ライバル店がないので店舗数も増え、上場もしたので今後の昇給に期待したいところです」とAさん。

 1997年の1号店から今や年商300億円を突破する企業に成長している。

 一方、体育会系のノリについていけず、20代の離職率が高いとAさんは漏らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る