【ニフティ】富士通傘下で待遇や福利厚生がアップ

公開日: 更新日:

 営業減益にあえぐ家電業界。富士通がクラウド事業のニフティをTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化し、起死回生を図る。今回紹介するのは、その子会社化されたニフティだ。

 Web部門で働くAさん(36)は、「年収は約700万円。親会社の富士通に準拠しますのでIT業界では良い方です」と言ってこう続ける。

「相変わらずの年功序列です。ただ、設立から30年が経ち、そろそろ上が詰まりだした感じ。まあ、残業代が1分刻みなので働けばそれだけ稼げます」

 出産後の時短勤務などを利用し、職場復帰する社員が多く、さらに女性管理職も増えているという。

「コンプライアンスに厳しく、セクハラ発言は皆無。とにかく女性に優しい職場ですね。ISP(インターネットサービス・プロバイダー)会員に下支えされているので、赤字になることはまずありません。シリコンバレーへの留学制度もあり、有給休暇も取りやすい。しかも、富士通の保養所などグループ企業の福利厚生が適用されますし、社費補填のクラブ活動や飲み会、ゴルフコンペなども盛んです。福利厚生体制がしっかりしているので、離職率は低く、安心して勤められる会社ですね」と語るAさん。

 中年サラリーマンになってはニフティサーブ時代のフォーラムが懐かしいが、IT企業の中では群を抜く好待遇会社のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る