都心にもいるカブトムシ 見つけるコツを研究家が伝授

公開日:  更新日:

 夏休みの定番、カブトムシ捕りといえば、「田舎の山に行かなきゃ」というイメージだろう。しかし、最近はなんと都内でも、自然に生息するカブトムシを観察することができるという。

 世田谷区に住む40代のNさんはこの夏、都内の公園でクワガタ3匹、カブトムシ2匹を発見した。

「杉並区の塚山公園、世田谷の馬事公苑に行ったんですが、昼間にトラップ(仕掛け)なしで見つけることができましたね。保育園のパパ友とは、“今年はここで見た”など、情報交換もしています」

 昆虫研究家の吉谷昭憲氏が言う。

「都心でカブトムシが多く見られるようになったのは、ここ10年くらいですね。要因として考えられるのは幼虫が育つ環境が整ったこと。以前は農家や家庭菜園で化学肥料を使うことが多かったのが、最近は有機栽培が増えたり、公園でも落ち葉などを廃棄せず集めて堆肥にするようになりました。幼虫にとって堆肥は寝床であり餌場ですからね。加えて人間が飼育していたカブトムシが逃げたりする人為的要素も加わって、都心でもカブトムシが見られるようになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る