• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都心にもいるカブトムシ 見つけるコツを研究家が伝授

 夏休みの定番、カブトムシ捕りといえば、「田舎の山に行かなきゃ」というイメージだろう。しかし、最近はなんと都内でも、自然に生息するカブトムシを観察することができるという。

 世田谷区に住む40代のNさんはこの夏、都内の公園でクワガタ3匹、カブトムシ2匹を発見した。

「杉並区の塚山公園、世田谷の馬事公苑に行ったんですが、昼間にトラップ(仕掛け)なしで見つけることができましたね。保育園のパパ友とは、“今年はここで見た”など、情報交換もしています」

 昆虫研究家の吉谷昭憲氏が言う。

「都心でカブトムシが多く見られるようになったのは、ここ10年くらいですね。要因として考えられるのは幼虫が育つ環境が整ったこと。以前は農家や家庭菜園で化学肥料を使うことが多かったのが、最近は有機栽培が増えたり、公園でも落ち葉などを廃棄せず集めて堆肥にするようになりました。幼虫にとって堆肥は寝床であり餌場ですからね。加えて人間が飼育していたカブトムシが逃げたりする人為的要素も加わって、都心でもカブトムシが見られるようになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る