• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都心にもいるカブトムシ 見つけるコツを研究家が伝授

 夏休みの定番、カブトムシ捕りといえば、「田舎の山に行かなきゃ」というイメージだろう。しかし、最近はなんと都内でも、自然に生息するカブトムシを観察することができるという。

 世田谷区に住む40代のNさんはこの夏、都内の公園でクワガタ3匹、カブトムシ2匹を発見した。

「杉並区の塚山公園、世田谷の馬事公苑に行ったんですが、昼間にトラップ(仕掛け)なしで見つけることができましたね。保育園のパパ友とは、“今年はここで見た”など、情報交換もしています」

 昆虫研究家の吉谷昭憲氏が言う。

「都心でカブトムシが多く見られるようになったのは、ここ10年くらいですね。要因として考えられるのは幼虫が育つ環境が整ったこと。以前は農家や家庭菜園で化学肥料を使うことが多かったのが、最近は有機栽培が増えたり、公園でも落ち葉などを廃棄せず集めて堆肥にするようになりました。幼虫にとって堆肥は寝床であり餌場ですからね。加えて人間が飼育していたカブトムシが逃げたりする人為的要素も加わって、都心でもカブトムシが見られるようになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る