大塚家具は最大25% 「円高還元値下げ」どこまで広がる?

公開日:  更新日:

 今年6月の英国EU離脱決定以降、為替相場の「円高」傾向が止まらない。今週も1ドル=99円台まで円高が進んだ。

 円高でダメージを受ける企業もあるが、消費者にとってはプラスだ。カルティエやグッチ、IWC、パネライなどの高級ブランドが続々と値下げに踏み切り、大塚家具も今月9日から最大25%の円高還元値下げを始めた。

 こうなると、期待が膨らむのが生活必需品の値下げだ。この4年ほど、アベノミクスで円安が進み、輸入価格の上昇を理由に食品と日用品の値上げが相次いだ。円高だから今度は値下げしてもよさそうだ。2014年12月に「牛丼並盛」を300円から380円に引き上げた吉野家に聞いた。

「値下げは検討していません。為替変動の影響よりも、米国産牛肉の価格上昇の影響が大きいためです」(広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る