運賃事前確定めぐるタクシー業界の思惑と営業マンの困惑

公開日: 更新日:

「困ったことになるかもしれません」と、アパレル営業マンはボヤく。

 国交省が来年度にも導入する方針を固めた「運賃事前確定サービス」の話。タクシー料金を乗車する前に確定できるというもので、タクシー大手など数社が導入を要望しているという。

 こんな感じが想定されているらしい。銀座で接待が長引いて終電を逃した。自宅のある目黒までタクシーで帰ろう。スマホ向けの配車アプリに銀座で乗って目黒で降りると入力すると、自動的に運賃が算出される。迎車に乗って自宅に着いた時に、事前に確定させた料金とメーター料金の安い方を払えばいい──。

 これなら、途中で渋滞や、何度も信号に引っかかって料金がハネ上がってもイライラする必要がない。仮に事前に2800円と確定していれば、超過分は払わなくてもいいわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る