• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運賃事前確定めぐるタクシー業界の思惑と営業マンの困惑

「困ったことになるかもしれません」と、アパレル営業マンはボヤく。

 国交省が来年度にも導入する方針を固めた「運賃事前確定サービス」の話。タクシー料金を乗車する前に確定できるというもので、タクシー大手など数社が導入を要望しているという。

 こんな感じが想定されているらしい。銀座で接待が長引いて終電を逃した。自宅のある目黒までタクシーで帰ろう。スマホ向けの配車アプリに銀座で乗って目黒で降りると入力すると、自動的に運賃が算出される。迎車に乗って自宅に着いた時に、事前に確定させた料金とメーター料金の安い方を払えばいい──。

 これなら、途中で渋滞や、何度も信号に引っかかって料金がハネ上がってもイライラする必要がない。仮に事前に2800円と確定していれば、超過分は払わなくてもいいわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る