• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

運賃事前確定めぐるタクシー業界の思惑と営業マンの困惑

「困ったことになるかもしれません」と、アパレル営業マンはボヤく。

 国交省が来年度にも導入する方針を固めた「運賃事前確定サービス」の話。タクシー料金を乗車する前に確定できるというもので、タクシー大手など数社が導入を要望しているという。

 こんな感じが想定されているらしい。銀座で接待が長引いて終電を逃した。自宅のある目黒までタクシーで帰ろう。スマホ向けの配車アプリに銀座で乗って目黒で降りると入力すると、自動的に運賃が算出される。迎車に乗って自宅に着いた時に、事前に確定させた料金とメーター料金の安い方を払えばいい──。

 これなら、途中で渋滞や、何度も信号に引っかかって料金がハネ上がってもイライラする必要がない。仮に事前に2800円と確定していれば、超過分は払わなくてもいいわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  9. 9

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る