台風で冠水続出 「自動車水没事故」の盲点と脱出の方法

公開日: 更新日:

 台風16号による大雨で冠水した愛知県内の県道に自動車が進入し、運転していた女性(69)が死亡した事件は他人事じゃない。22日は千葉でも冠水被害が相次いだ。

 死亡事故が起きた愛知の現場は線路下をくぐるアンダーパス(立体交差で地下を通る道路)で、冠水のため通行止めになっていた。しかし、それを知らせる電光掲示板が故障していて、女性は事態に気づかずに立ち入ってしまったようだ。

 気象庁によると、現場に近い名古屋市は当時、強い雨が降っていて、1時間に19ミリ超の降水量を記録。通行止めを知らせる電光掲示板は水位15センチ以上になると「この先冠水」と示す仕組みで、道路のくぼんだ形状から雨水が流れ込み、水かさが一気に上がった可能性がある。

■マフラー浸水でアッという間にエンスト

 水没事故の実証実験を行ったことがある災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

もっと見る