森永乳業「ピノ」 こだわりは口を開けた時に近い形状

公開日: 更新日:

 1976年の発売から今年で40周年。定番バニラとアソートパックを中心に好調な売り上げが続く、森永乳業のロングセラーアイス「ピノ」に注目したい。

 ピノはチョコでコーティングしたひと口タイプのアイスである。その割合は、アイス8に対しチョコ2。この「黄金比率」が絶妙な口どけを実現する。そもそもなぜひと口サイズなのか。

「アイスクリームといえばカップやバータイプがほとんどだった70年代、森永乳業はこれまでにない新しい食べ方を提案したいと考え、当時アイスの技術が発達していたアメリカを視察。そこで出合ったのが、ひと口サイズのアイスだった。早速その技術を参考に、独自の製造ラインを設計。76年に『ピノ』が誕生した」(第一営業本部冷菓事業部の馬渕景士氏=写真)

 とくにこだわったのは形状で、口を開けたときのカタチに近い円錐台を採用。「今ではこのカタチがピノのシンボル。社内では『ピノシェイプ』と呼ばれている」(馬渕氏)のだとか。1粒10ミリリットルというサイズは、“誰もが食べやすいひと口サイズ”を追求してのこと。6粒入りで、ピックで食べるスタイルも大きな特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る