森永乳業「ピノ」 こだわりは口を開けた時に近い形状

公開日:  更新日:

 1976年の発売から今年で40周年。定番バニラとアソートパックを中心に好調な売り上げが続く、森永乳業のロングセラーアイス「ピノ」に注目したい。

 ピノはチョコでコーティングしたひと口タイプのアイスである。その割合は、アイス8に対しチョコ2。この「黄金比率」が絶妙な口どけを実現する。そもそもなぜひと口サイズなのか。

「アイスクリームといえばカップやバータイプがほとんどだった70年代、森永乳業はこれまでにない新しい食べ方を提案したいと考え、当時アイスの技術が発達していたアメリカを視察。そこで出合ったのが、ひと口サイズのアイスだった。早速その技術を参考に、独自の製造ラインを設計。76年に『ピノ』が誕生した」(第一営業本部冷菓事業部の馬渕景士氏=写真)

 とくにこだわったのは形状で、口を開けたときのカタチに近い円錐台を採用。「今ではこのカタチがピノのシンボル。社内では『ピノシェイプ』と呼ばれている」(馬渕氏)のだとか。1粒10ミリリットルというサイズは、“誰もが食べやすいひと口サイズ”を追求してのこと。6粒入りで、ピックで食べるスタイルも大きな特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る