森永乳業「ピノ」 こだわりは口を開けた時に近い形状

公開日: 更新日:

 1976年の発売から今年で40周年。定番バニラとアソートパックを中心に好調な売り上げが続く、森永乳業のロングセラーアイス「ピノ」に注目したい。

 ピノはチョコでコーティングしたひと口タイプのアイスである。その割合は、アイス8に対しチョコ2。この「黄金比率」が絶妙な口どけを実現する。そもそもなぜひと口サイズなのか。

「アイスクリームといえばカップやバータイプがほとんどだった70年代、森永乳業はこれまでにない新しい食べ方を提案したいと考え、当時アイスの技術が発達していたアメリカを視察。そこで出合ったのが、ひと口サイズのアイスだった。早速その技術を参考に、独自の製造ラインを設計。76年に『ピノ』が誕生した」(第一営業本部冷菓事業部の馬渕景士氏=写真)

 とくにこだわったのは形状で、口を開けたときのカタチに近い円錐台を採用。「今ではこのカタチがピノのシンボル。社内では『ピノシェイプ』と呼ばれている」(馬渕氏)のだとか。1粒10ミリリットルというサイズは、“誰もが食べやすいひと口サイズ”を追求してのこと。6粒入りで、ピックで食べるスタイルも大きな特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る