若者需要が急増中 「ラジカセ」人気再燃の意外な理由

公開日: 更新日:

「ラジカセ」人気がジワジワと復活している。

 AIWAから世界初のラジカセが発売されたのは1968年のこと。以来、このメード・イン・ジャパンの“合体家電”は時代と共にさまざまな文化を生み出してきた。しかし83年にCDが登場すると、時代の流れはアナログからデジタルへ。89年をピークにラジカセの出荷台数は減少し、“絶滅危惧種”になりつつあった。

 ところが、3、4年ほど前から再び人気に火がついた。きっかけは、ラジカセを使い慣れたシニア世代だ。

「途中で止めて、再生や録音ができることから、稽古事やカラオケの練習などで使い勝手がいいという声が多くあり、生産を再開。この3年間で、2倍の6機種に増やしました。SDカードやUSBメモリーに保存できるので、幅が広がったようです。捨てられないカセットテープがたくさんある人にも喜ばれています」(東芝ライフスタイル広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る