若者需要が急増中 「ラジカセ」人気再燃の意外な理由

公開日: 更新日:

「ラジカセ」人気がジワジワと復活している。

 AIWAから世界初のラジカセが発売されたのは1968年のこと。以来、このメード・イン・ジャパンの“合体家電”は時代と共にさまざまな文化を生み出してきた。しかし83年にCDが登場すると、時代の流れはアナログからデジタルへ。89年をピークにラジカセの出荷台数は減少し、“絶滅危惧種”になりつつあった。

 ところが、3、4年ほど前から再び人気に火がついた。きっかけは、ラジカセを使い慣れたシニア世代だ。

「途中で止めて、再生や録音ができることから、稽古事やカラオケの練習などで使い勝手がいいという声が多くあり、生産を再開。この3年間で、2倍の6機種に増やしました。SDカードやUSBメモリーに保存できるので、幅が広がったようです。捨てられないカセットテープがたくさんある人にも喜ばれています」(東芝ライフスタイル広報部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る