電子基板に有機化合物まで 妙なモノに“萌える”のはなぜだ

公開日:

“萌え”といえば、マンガやアニメ、ゲームの少女キャラに恋愛感情を抱く、いわばオタクの専売特許。しかし、近ごろは、ごく普通のサラリーマンやOLが妙なものに“萌え”まくっているという。

 ひとつは「萌え断」。サンドイッチやショートケーキの断面に興奮することで、女性が多く、カフェや自宅キッチンで撮ったお気に入りの断面を、インスタグラムなどのSNSにアップ。「この重層感、萌えるわぁ」などと盛り上がっている。

 サンドイッチ専門店の盛り上がりが影響しているのだろう。自宅でもたくさん具を挟んでカットすれば、それなりに見栄えのする断面ができる手軽さも人気の理由か。

 萌え断に通じるのが、「電子基板萌え」か。狭い空間に緻密に並べられたコンデンサーやハンダ線の配列に“美しい”とうっとりする人たちだ。大阪の電子基板メーカーが、電車の路線図や地図を電子基板風にデザインしたスマホケースを売り出したところ大評判に。海外からも「クール!」と注文が殺到しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る