電子基板に有機化合物まで 妙なモノに“萌える”のはなぜだ

公開日:

“萌え”といえば、マンガやアニメ、ゲームの少女キャラに恋愛感情を抱く、いわばオタクの専売特許。しかし、近ごろは、ごく普通のサラリーマンやOLが妙なものに“萌え”まくっているという。

 ひとつは「萌え断」。サンドイッチやショートケーキの断面に興奮することで、女性が多く、カフェや自宅キッチンで撮ったお気に入りの断面を、インスタグラムなどのSNSにアップ。「この重層感、萌えるわぁ」などと盛り上がっている。

 サンドイッチ専門店の盛り上がりが影響しているのだろう。自宅でもたくさん具を挟んでカットすれば、それなりに見栄えのする断面ができる手軽さも人気の理由か。

 萌え断に通じるのが、「電子基板萌え」か。狭い空間に緻密に並べられたコンデンサーやハンダ線の配列に“美しい”とうっとりする人たちだ。大阪の電子基板メーカーが、電車の路線図や地図を電子基板風にデザインしたスマホケースを売り出したところ大評判に。海外からも「クール!」と注文が殺到しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る