気温も性能に影響 スマホのバッテリーを長持ちさせる裏技

公開日:

 スマホを長く使っていると、気になるのが内蔵バッテリーの消耗。交換するとカネがかかるし、何より面倒くさい。面倒を避けるには、なるべくバッテリーを消費しないことが肝心。そうすれば、イザという時に電池切れで使えない! ということも減るはずだ。

 では、具体的にどうすればいいのか。スマホに詳しいITライターの熊山准氏に聞いた。

「最もバッテリーの消費が激しいのは、液晶画面とWi-Fi。この2つの設定を見直すことで、大幅に電力消費を減らすことができます」

「液晶画面」の設定でやることは「自動輝度調節のオフ」と「スリープ中の通知のオフ」の2つ。「輝度とは液晶画面の明るさのこと。環境に合わせて自動的に明るくしたり暗くしたりする機能をオフにして、常に“ギリギリ見える”程度の明るさにしておくのです。メールやSNSメッセージが来たことを画面に通知する機能も、不要なら切りましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る