ミカン色と注目 「オレンジワイン」流行の意外なきっかけ

公開日: 更新日:

 赤、白、ロゼ――色が味わいを伝えるワインで、新しいカラーのタイプが注目されている。その名も「オレンジワイン」。ミカン色をしたワインだ。昨年末ごろから、自然派の料理を提供するレストランやビストロで提供されるようになってきた。品ぞろえにこだわるスーパーでも見かけることが増えている。

 流行のきっかけは、グルジア(現ジョージア)とロシアが戦った2008年の南オセチア紛争だ。ワインコラムニストの髙山宗東氏が言う。

「今のオレンジワインはグルジアが発祥といわれています。同地のワインは8000年の歴史があり、遠く離れたエジプトのクレオパトラも好んで飲んだとされる。それで“クレオパトラの涙”なんて呼ばれたりするのですが、ソ連邦を構成していた時代は100%ソ連向けで、ロシア人が好む甘口のワインでした。紛争を機にロシアと決別。国際的な呼び名も、ロシア風のグルジアから英語風のジョージアに変えた。日本も2015年にジョージアと変更しています。このころからグルジア産のオレンジワインは国際市場に出回るようになるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  6. 6

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る