ミカン色と注目 「オレンジワイン」流行の意外なきっかけ

公開日:

 赤、白、ロゼ――色が味わいを伝えるワインで、新しいカラーのタイプが注目されている。その名も「オレンジワイン」。ミカン色をしたワインだ。昨年末ごろから、自然派の料理を提供するレストランやビストロで提供されるようになってきた。品ぞろえにこだわるスーパーでも見かけることが増えている。

 流行のきっかけは、グルジア(現ジョージア)とロシアが戦った2008年の南オセチア紛争だ。ワインコラムニストの髙山宗東氏が言う。

「今のオレンジワインはグルジアが発祥といわれています。同地のワインは8000年の歴史があり、遠く離れたエジプトのクレオパトラも好んで飲んだとされる。それで“クレオパトラの涙”なんて呼ばれたりするのですが、ソ連邦を構成していた時代は100%ソ連向けで、ロシア人が好む甘口のワインでした。紛争を機にロシアと決別。国際的な呼び名も、ロシア風のグルジアから英語風のジョージアに変えた。日本も2015年にジョージアと変更しています。このころからグルジア産のオレンジワインは国際市場に出回るようになるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る