ミカン色と注目 「オレンジワイン」流行の意外なきっかけ

公開日:

 赤、白、ロゼ――色が味わいを伝えるワインで、新しいカラーのタイプが注目されている。その名も「オレンジワイン」。ミカン色をしたワインだ。昨年末ごろから、自然派の料理を提供するレストランやビストロで提供されるようになってきた。品ぞろえにこだわるスーパーでも見かけることが増えている。

 流行のきっかけは、グルジア(現ジョージア)とロシアが戦った2008年の南オセチア紛争だ。ワインコラムニストの髙山宗東氏が言う。

「今のオレンジワインはグルジアが発祥といわれています。同地のワインは8000年の歴史があり、遠く離れたエジプトのクレオパトラも好んで飲んだとされる。それで“クレオパトラの涙”なんて呼ばれたりするのですが、ソ連邦を構成していた時代は100%ソ連向けで、ロシア人が好む甘口のワインでした。紛争を機にロシアと決別。国際的な呼び名も、ロシア風のグルジアから英語風のジョージアに変えた。日本も2015年にジョージアと変更しています。このころからグルジア産のオレンジワインは国際市場に出回るようになるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る