• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

納得できる? 夫LOVEなのに彼氏が途切れない妻たち

「彼氏に『好きだよ』と答えながら、心の中で“夫の方がね”と付け加えています」

 こう話すのは45歳のミキコさん(仮名=以下同)。夫(55)とは10年間の交際を経て30歳で結婚。“夫婦の生活を最も大切にしたい”とのお互いの意見の一致から、子供はいない。

 交際期間は夫一筋。ところが結婚3年目以降、彼氏が途切れたことがほとんどない。歴代の彼氏の記憶はすぐ薄れるが、ハッキリと自覚しているのは、彼氏の存在によって夫の良さを再確認でき、夫をますます好きになるということだ。

 彼氏は年上も年下も、金持ちもプータローも経験したが、“上から目線”“甘えたがり”“オレさま”のいずれかに属し、それを目の当たりにするたびに「夫ほど人間ができていて思いやりにあふれた人はいない」と痛感。

「今の彼氏はオレさまで、反面教師として最適。なんでも許してもらえると思って理不尽なことでよくキレるんですが、それと同じことを私もしがち。でも、彼氏を見て『こんなことしていたら、いつか夫に嫌われる』と思い、改めました」(ミキコさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る