納得できる? 夫LOVEなのに彼氏が途切れない妻たち

公開日:

「彼氏に『好きだよ』と答えながら、心の中で“夫の方がね”と付け加えています」

 こう話すのは45歳のミキコさん(仮名=以下同)。夫(55)とは10年間の交際を経て30歳で結婚。“夫婦の生活を最も大切にしたい”とのお互いの意見の一致から、子供はいない。

 交際期間は夫一筋。ところが結婚3年目以降、彼氏が途切れたことがほとんどない。歴代の彼氏の記憶はすぐ薄れるが、ハッキリと自覚しているのは、彼氏の存在によって夫の良さを再確認でき、夫をますます好きになるということだ。

 彼氏は年上も年下も、金持ちもプータローも経験したが、“上から目線”“甘えたがり”“オレさま”のいずれかに属し、それを目の当たりにするたびに「夫ほど人間ができていて思いやりにあふれた人はいない」と痛感。

「今の彼氏はオレさまで、反面教師として最適。なんでも許してもらえると思って理不尽なことでよくキレるんですが、それと同じことを私もしがち。でも、彼氏を見て『こんなことしていたら、いつか夫に嫌われる』と思い、改めました」(ミキコさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る