• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

納得できる? 夫LOVEなのに彼氏が途切れない妻たち

「彼氏に『好きだよ』と答えながら、心の中で“夫の方がね”と付け加えています」

 こう話すのは45歳のミキコさん(仮名=以下同)。夫(55)とは10年間の交際を経て30歳で結婚。“夫婦の生活を最も大切にしたい”とのお互いの意見の一致から、子供はいない。

 交際期間は夫一筋。ところが結婚3年目以降、彼氏が途切れたことがほとんどない。歴代の彼氏の記憶はすぐ薄れるが、ハッキリと自覚しているのは、彼氏の存在によって夫の良さを再確認でき、夫をますます好きになるということだ。

 彼氏は年上も年下も、金持ちもプータローも経験したが、“上から目線”“甘えたがり”“オレさま”のいずれかに属し、それを目の当たりにするたびに「夫ほど人間ができていて思いやりにあふれた人はいない」と痛感。

「今の彼氏はオレさまで、反面教師として最適。なんでも許してもらえると思って理不尽なことでよくキレるんですが、それと同じことを私もしがち。でも、彼氏を見て『こんなことしていたら、いつか夫に嫌われる』と思い、改めました」(ミキコさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る