納得できる? 夫LOVEなのに彼氏が途切れない妻たち

公開日: 更新日:

「彼氏に『好きだよ』と答えながら、心の中で“夫の方がね”と付け加えています」

 こう話すのは45歳のミキコさん(仮名=以下同)。夫(55)とは10年間の交際を経て30歳で結婚。“夫婦の生活を最も大切にしたい”とのお互いの意見の一致から、子供はいない。

 交際期間は夫一筋。ところが結婚3年目以降、彼氏が途切れたことがほとんどない。歴代の彼氏の記憶はすぐ薄れるが、ハッキリと自覚しているのは、彼氏の存在によって夫の良さを再確認でき、夫をますます好きになるということだ。

 彼氏は年上も年下も、金持ちもプータローも経験したが、“上から目線”“甘えたがり”“オレさま”のいずれかに属し、それを目の当たりにするたびに「夫ほど人間ができていて思いやりにあふれた人はいない」と痛感。

「今の彼氏はオレさまで、反面教師として最適。なんでも許してもらえると思って理不尽なことでよくキレるんですが、それと同じことを私もしがち。でも、彼氏を見て『こんなことしていたら、いつか夫に嫌われる』と思い、改めました」(ミキコさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る