納得できる? 夫LOVEなのに彼氏が途切れない妻たち

公開日:

「彼氏に『好きだよ』と答えながら、心の中で“夫の方がね”と付け加えています」

 こう話すのは45歳のミキコさん(仮名=以下同)。夫(55)とは10年間の交際を経て30歳で結婚。“夫婦の生活を最も大切にしたい”とのお互いの意見の一致から、子供はいない。

 交際期間は夫一筋。ところが結婚3年目以降、彼氏が途切れたことがほとんどない。歴代の彼氏の記憶はすぐ薄れるが、ハッキリと自覚しているのは、彼氏の存在によって夫の良さを再確認でき、夫をますます好きになるということだ。

 彼氏は年上も年下も、金持ちもプータローも経験したが、“上から目線”“甘えたがり”“オレさま”のいずれかに属し、それを目の当たりにするたびに「夫ほど人間ができていて思いやりにあふれた人はいない」と痛感。

「今の彼氏はオレさまで、反面教師として最適。なんでも許してもらえると思って理不尽なことでよくキレるんですが、それと同じことを私もしがち。でも、彼氏を見て『こんなことしていたら、いつか夫に嫌われる』と思い、改めました」(ミキコさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る