出会いアプリの「いいね!」はプロフの書き方にコツあり

公開日: 更新日:

 写真で安心感をアピールするのだ。

■顔文字多様は不評

 名前はイニシャルでいいが、プロフィル欄は工夫する。

「高収入の人に人気が集まる傾向はありますが、重要なのは、年収より『ケチじゃないかどうか』です。女性にとって年上の男性ならなおさらで、自由記述欄に『お会いしたときはごちそうさせてください』などと書いておくと好印象。デートの際の支払いを問われる質問項目があれば『男性が全額支払う』を選ぶのも効果的です」

 収入のほか学歴や身長など、見劣りしそうだと感じる項目があれば、そこを丁寧に書くより、アピールポイントを増やす方がいいという。

「女性と一緒に楽しめそうな趣味を書いておくのもおすすめです。映画や音楽鑑賞、料理、旅行、スイーツ巡り、カフェが好きなど。女性に『この人とは話が合いそう』と思わせるのです。また、女性は結婚したくてアプリを利用している人が多いので、『早く結婚したい』『結婚したらこんなことをしたい』ということを書くのもおすすめです」

 変なニックネームや顔文字の多用は不評とか。

 ちょっとした工夫で「いいね!」が集まったら、チャンスありだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  8. 8

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    コース設定から賞金にまで…全米OP主催のUSGAに不満噴出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る