意図的な“品薄商法”か ポテトチップス製造休止続出のナゾ

公開日: 更新日:

 カルビーや湖池屋といった大手菓子メーカーは、昨夏に北海道を襲った台風の影響で、原料であるジャガイモが不足していると説明する。

 だが、賢い消費者はだまされない。スーパーへ行けば、野菜売り場にジャガイモは山と積まれており、大田市場の5月末のジャガイモ市況も高値平均は1キロ270円で昨年に比べ2割も安くなっている。しかも、ジャガイモの国内自給率は73%(2014年)と高く、年がら年中どこかで収穫されている。

 やはり、菓子メーカーが消費者の不安をあおって商品を売る品薄商法ではないか。

「いえ、一般の方は知らないでしょうが、スーパーで売っているジャガイモではダメなのです」

 こう話すのは、ポテトチップスの原料生産者が集まるJA帯広かわにし青果部の担当者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る