缶詰ミカンなぜつるつる? 加工組合に聞いた薄皮の剥き方

公開日: 更新日:

 薬品と聞くと一瞬ギョッとするが、どちらも食品添加物として認められているもの。30分ほど水洗いすれば、完全に除去できるそうだ。

 けっこう手間がかかっているが、国産品は苦境にさらされている。ひとつは中国産の脅威。一般的な4号缶(425グラム)だと、国産は1缶約300円だが、中国産は約130円と、価格競争ではかなわない。

 もうひとつが、缶詰に適したミカンの品不足。近ごろは、外皮が薄くて剥きやすい生食ミカンが増えているが、「缶詰にするには不利。皮が薄いと加工段階で果肉まで傷つきやすく、いわゆる“歩留まり”が悪くなってしまうのです」。

 その証拠に、20年ほど前は4号缶1ケース(48缶)分は約15キロだったが、現在は約23キロに。それでいて価格は20年前から50円程度しか上がっていないのだから、メーカーにとっては厳しい。

 しかし、約300円の4号缶にMサイズのミカンが4~5個入る。ビタミンCは3割ほど減るが、皮を剥く手間を考えると、かなりお得だろう。新鮮な柑橘類が一年中手に入る今でも、ミカンの缶詰がなくならないわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  4. 4

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  7. 7

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  10. 10

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

もっと見る