【ラー油きゅうり】ツマミの原点は油 酒で舌を洗う感覚

公開日:  更新日:

ロックフィッシュ(銀座)

 間口さんは若い頃から、飲み歩くのが好きだった。西宮の居酒屋で食べたピリ辛きゅうりに感動。それをアレンジしたのが、このレシピだ。

「その店のきゅうりは漬けてあっておいしかった。でも、おつまみは手早くできなければいけません。思いついたら、すぐ作って出す。酒飲みに漬ける時間などない。そのためにどうしたらいいかを考えたレシピです」

 見た目のよさと、味を染み込ませるために、皮はスイカのように剥いてから、両手でぐっと上から押さえて、叩ききゅうりのような感じにする。それから調味料をさっと和える。

「西宮の居酒屋は昭和が漂う店でした。直感で“ここだ”と思った。当時、僕は20代。70代くらいの方がやっていた。おつまみの原点のような味がして、真似したいと思っていたんです」

 つまみの原点のひとつは油っぽさではないかと言う。酒で舌を洗いたくなる味覚が酒を誘う。だから、これもラー油。こしょうをかけて、フォークを添えて出されると、不思議とハイボールを飲みたくなる。

 【レシピ】 
きゅうり1本
ポン酢10㏄
ラー油小さじ1
醤油小さじ2分の1
こしょう少々

 きゅうりの皮を軽く剥き、叩いて、食べやすい大きさに切る。ボウルに移して、ポン酢、醤油、ラー油と和える。皿に盛ってこしょうをかける。

今日の達人 間口一就さん

▽まぐち・かずなり
 愛媛県生まれ。大学在学中から酒場で働き、大阪・北浜で「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に銀座進出。ハイボールと缶つまブームの仕掛け人となった。いまや、全国を飛び回り、自慢のハイボールを作り続けている。おつまみ本の著書多数。

▼ロックフィッシュ
銀座で昼下がりから飲める立ち飲みの店。氷なしのハイボールの聖地。
東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7F
℡03・5537・6900

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る