【ラー油きゅうり】ツマミの原点は油 酒で舌を洗う感覚

公開日: 更新日:

ロックフィッシュ(銀座)

 間口さんは若い頃から、飲み歩くのが好きだった。西宮の居酒屋で食べたピリ辛きゅうりに感動。それをアレンジしたのが、このレシピだ。

「その店のきゅうりは漬けてあっておいしかった。でも、おつまみは手早くできなければいけません。思いついたら、すぐ作って出す。酒飲みに漬ける時間などない。そのためにどうしたらいいかを考えたレシピです」

 見た目のよさと、味を染み込ませるために、皮はスイカのように剥いてから、両手でぐっと上から押さえて、叩ききゅうりのような感じにする。それから調味料をさっと和える。

「西宮の居酒屋は昭和が漂う店でした。直感で“ここだ”と思った。当時、僕は20代。70代くらいの方がやっていた。おつまみの原点のような味がして、真似したいと思っていたんです」

 つまみの原点のひとつは油っぽさではないかと言う。酒で舌を洗いたくなる味覚が酒を誘う。だから、これもラー油。こしょうをかけて、フォークを添えて出されると、不思議とハイボールを飲みたくなる。

 【レシピ】 
きゅうり1本
ポン酢10㏄
ラー油小さじ1
醤油小さじ2分の1
こしょう少々

 きゅうりの皮を軽く剥き、叩いて、食べやすい大きさに切る。ボウルに移して、ポン酢、醤油、ラー油と和える。皿に盛ってこしょうをかける。

今日の達人 間口一就さん

▽まぐち・かずなり
 愛媛県生まれ。大学在学中から酒場で働き、大阪・北浜で「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に銀座進出。ハイボールと缶つまブームの仕掛け人となった。いまや、全国を飛び回り、自慢のハイボールを作り続けている。おつまみ本の著書多数。

▼ロックフィッシュ
銀座で昼下がりから飲める立ち飲みの店。氷なしのハイボールの聖地。
東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7F
℡03・5537・6900

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る