• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【カレーなるカナッペ】カレールーをおろし金でおろす

ロックフィッシュ(銀座)

 写真をよく見てほしい。使っているのは、パンの最後の一枚、端っこの部分だ。

「ここがカナッペにはいいんですよ。ピザのように焼けるし、ふつうだと捨てちゃう食材が無駄にもならないし」

 ポテサラは市販のものでもいいが、ロックフィッシュではもちろん手作り。ジャガイモ、ニンジンを茹でて、キュウリ、タマネギは塩揉みする。味付けはマヨネーズと和からし、こしょう。塩は野菜の塩揉み分で十分だという。

 これにカレー粉をまぶすのではなく、カレールーを刻んでかける。

「ルーにはうま味が凝縮されているので、おいしくなります。粉末のカレールーだと混ぜやすいですね」

 もうひとつ、パンは冷凍すると適度に水分が抜けてカリッと焼ける。お皿は写真のように真ん中のくぼみがないものを用意したい。その方がきれいにおしゃれに盛り付けられる。サンドイッチなどパンメニューの皿は断然、これだ。

【レシピ】
パンの耳1枚
市販ポテトサラダ50グラム
カレールー5グラム
とろけるチーズ1枚
こしょう少々

 パンの端っこの一枚を使う。そこにポテトサラダをのせる。

 おろし金ですりおろしたカレールーをかける。ピザ用チーズをまぶして、トースターで焼く。食べやすい大きさに切ってこしょうをふる。

今日の達人 間口一就さん

▽まぐち・かずなり
 愛媛県生まれ。大学在学中から酒場で働き、大阪・北浜で「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年に銀座進出。ハイボールと缶つまブームの仕掛け人となった。いまや、全国を飛び回り、自慢のハイボールを作り続けている。おつまみ本の著書多数。

▼ロックフィッシュ
銀座で昼下がりから飲める立ち飲みの店。氷なしのハイボールの聖地。
東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7F
℡03・5537・6900

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る