御来光拝むのも命がけ…「山の日」の富士山は大混雑予想

公開日:

「山の日」を知っている人は39.9%――。

 11日は昨年から新たに祝日に加わった山の日。鳴り物入りで制定された祝日だが、マーケティング会社インテージによると、日にちまで正しく理解している人は4割弱。お盆前の忙しい時期と重なるため、「休日になる」人は57%にとどまり、17%は「休日にならない」。

 一応、山の日は「山に親しみ、山の恩恵に感謝する」という趣旨で制定されたが、当初はお盆休み(13~16日)に連動させて12日にする予定だった。これなら多くのサラリーマンも休めたはずだが、12日は日航機墜落事故(1985年)と同じ日。「祝うのは不謹慎」という意見が国会で出て11日になってしまった経緯がある。

 実際、昨年8月11日は木曜日で、単なる“忙しいのに迷惑な日”に成り下がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る