御来光拝むのも命がけ…「山の日」の富士山は大混雑予想

公開日: 更新日:

「山の日」を知っている人は39.9%――。

 11日は昨年から新たに祝日に加わった山の日。鳴り物入りで制定された祝日だが、マーケティング会社インテージによると、日にちまで正しく理解している人は4割弱。お盆前の忙しい時期と重なるため、「休日になる」人は57%にとどまり、17%は「休日にならない」。

 一応、山の日は「山に親しみ、山の恩恵に感謝する」という趣旨で制定されたが、当初はお盆休み(13~16日)に連動させて12日にする予定だった。これなら多くのサラリーマンも休めたはずだが、12日は日航機墜落事故(1985年)と同じ日。「祝うのは不謹慎」という意見が国会で出て11日になってしまった経緯がある。

 実際、昨年8月11日は木曜日で、単なる“忙しいのに迷惑な日”に成り下がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る