御来光拝むのも命がけ…「山の日」の富士山は大混雑予想

公開日: 更新日:

「山の日」を知っている人は39.9%――。

 11日は昨年から新たに祝日に加わった山の日。鳴り物入りで制定された祝日だが、マーケティング会社インテージによると、日にちまで正しく理解している人は4割弱。お盆前の忙しい時期と重なるため、「休日になる」人は57%にとどまり、17%は「休日にならない」。

 一応、山の日は「山に親しみ、山の恩恵に感謝する」という趣旨で制定されたが、当初はお盆休み(13~16日)に連動させて12日にする予定だった。これなら多くのサラリーマンも休めたはずだが、12日は日航機墜落事故(1985年)と同じ日。「祝うのは不謹慎」という意見が国会で出て11日になってしまった経緯がある。

 実際、昨年8月11日は木曜日で、単なる“忙しいのに迷惑な日”に成り下がっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る