相次ぐ紛失事故 「USBメモリー」を絶対なくさない方法は

公開日:

 昭和女子大の准教授が学生510人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失してニュースになった。同大のほか非常勤講師として講義を行った立教大などの学生の氏名と成績、学籍番号が記録されていたという。

 重要情報が入ったUSBやSDカードを紛失する事故は頻繁に起きている。サラリーマンにとって他人事ではない。

 そこで知りたいのが、こうしたスマートメディアをなくさない方法だ。プロはどんな手を使っているのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏に聞いた。

「IT技術者は紛失防止のために知恵を絞っています。スマートメディアを長財布の中に入れたり、ストラップ用の穴があるUSBにヒモを通し、カバンの中のフックに引っかけて使う。パソコンを入れるケースはポケットがついているタイプを選んで使用後はその中に収納。電源コードなどを入れる専用ポーチにしまうよう習慣づけている人もいます。パスワードを入力しないかぎり開けないUSBもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る