相次ぐ紛失事故 「USBメモリー」を絶対なくさない方法は

公開日: 更新日:

 昭和女子大の准教授が学生510人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失してニュースになった。同大のほか非常勤講師として講義を行った立教大などの学生の氏名と成績、学籍番号が記録されていたという。

 重要情報が入ったUSBやSDカードを紛失する事故は頻繁に起きている。サラリーマンにとって他人事ではない。

 そこで知りたいのが、こうしたスマートメディアをなくさない方法だ。プロはどんな手を使っているのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏に聞いた。

「IT技術者は紛失防止のために知恵を絞っています。スマートメディアを長財布の中に入れたり、ストラップ用の穴があるUSBにヒモを通し、カバンの中のフックに引っかけて使う。パソコンを入れるケースはポケットがついているタイプを選んで使用後はその中に収納。電源コードなどを入れる専用ポーチにしまうよう習慣づけている人もいます。パスワードを入力しないかぎり開けないUSBもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  9. 9

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  10. 10

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る