• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食生活に欠かせない「ゴマ」はどこで作られているのか?

 料理のアクセントにしたり、タレの材料にしたり、油として使ったり。ゴマは、食生活に欠かせない食材だろう。が、ゴマ畑は、聞いたことがない。一体、どこで作られているのか?

 実は日本で流通しているゴマの99.9%以上が輸入品。機械化できる部分が少なく、手間がかかるため、国産ゴマは0.1%未満だ。そのうちの半分以上を占めているのが、鹿児島県の喜界島。奄美大島の東約30キロの洋上に浮かぶ、一周50キロに満たない小島だ。

■9月は収穫の真っ盛り

 喜界島は、江戸時代から良質の黒糖(サトウキビ)の産地で、ゴマは黒糖菓子の副材料として、サトウキビの合間に細々と栽培されてきた。それが、昭和60年代ごろから健康食ブームの余波で需要が増加。現在はサトウキビと並ぶ島の特産品になっている。暖かい気候やサンゴ礁由来のアルカリ性土質がゴマ栽培にうってつけという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る