• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロに聞いた クラフトビールブームの背景といい店の条件

 昨今のクラフトビールブームは、1995年ごろに起きた“地ビールブーム”とは明らかに違うらしい。何より、「ビールの品質がシッカリしてきた」と言うのは、ツウが集まる激戦区・神田で「地ビールハウス 蔵くら」を営む田中慶代表だ。

「ブームの背景にはいくつかの要素が考えられます。まず、アルコール離れしていた若者たちが、大手のビール会社にはない“味の違いの楽しさ”に気付いたこと。次に、20年ほど前の地ビールブームの時代と違い、小さい設備でも品質がシッカリしてきたこと。3番目は地ビールを取り扱うビアパブが増え、クラフトビールに触れる機会が一段と増えたこと――などです。ま、品質の向上が一番の材料でしょう」

 地ビールブーム当時は、外国から醸造者を呼んだり、短期間の教育で造ったりしたため、味そのものもいまひとつのブルワリーが多かった。数年で淘汰されたのはムリもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る