プロに聞いた クラフトビールブームの背景といい店の条件

公開日:

 昨今のクラフトビールブームは、1995年ごろに起きた“地ビールブーム”とは明らかに違うらしい。何より、「ビールの品質がシッカリしてきた」と言うのは、ツウが集まる激戦区・神田で「地ビールハウス 蔵くら」を営む田中慶代表だ。

「ブームの背景にはいくつかの要素が考えられます。まず、アルコール離れしていた若者たちが、大手のビール会社にはない“味の違いの楽しさ”に気付いたこと。次に、20年ほど前の地ビールブームの時代と違い、小さい設備でも品質がシッカリしてきたこと。3番目は地ビールを取り扱うビアパブが増え、クラフトビールに触れる機会が一段と増えたこと――などです。ま、品質の向上が一番の材料でしょう」

 地ビールブーム当時は、外国から醸造者を呼んだり、短期間の教育で造ったりしたため、味そのものもいまひとつのブルワリーが多かった。数年で淘汰されたのはムリもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る