• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

15万円に高価すぎるの声も iPhoneXの使い勝手はいいのか

「新機種のリリースが発表される直前に7に買い替えてしまって、タイミングが悪かった。そうでなければ、Ⅹに買い替えていたのに」

 こう嘆くのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。「Ⅹ」とは、11月3日に発売されるiPhoneⅩのことだ。顔認証やワイヤレス充電、全面ディスプレーなど魅力的な機能が並ぶ。

 しかし、その価格は、高容量の256ギガバイトだと、15万円近い。PC並みの価格だ。分割購入が一般的とはいえ、大手キャリアーのサポートがなければ毎月の負担額は約6000円。通信料ナシでこの負担は重い。ネットでも「高過ぎ」の声が集まっている。“15万円の価値”はあるのか。

「たとえば、ギャラクシーは毎年のようにモデルチェンジを繰り返していますが、iPhoneは2年に1回で、今後は3年に1回になるといわれています。これまでもマイナーチェンジのときは数字の後ろに『s』を添え、モデルチェンジのときは数字を1つずつ増やしましたが、『Ⅹ』は『7』から一気に3ランクアップ。今後、3~4年使い続けるとすれば、1年当たりの金額は高くありません。iPhoneは、ほかのスマホに比べて“賞味期限”が長いのです」(井上氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る