10月から新商品続々「濃厚」食品ブームが続く裏事情

公開日: 更新日:

“濃厚”な新商品が売り出される季節になってきた。

 2日には、日清食品がカップヌードル「松茸薫る濃厚きのこクリーム」を発売。3種のチーズを加えた濃厚なホワイトクリームスープに“松茸”の芳醇な香りが特長の香味油を加えた、「史上最高級の贅沢な味わい」が売りなんだとか。

 アサヒグループ食品も袋入りキャンディー「冬のミルク」をリニューアルして発売。マダガスカル産バニラビーンズシードを新たに使用し、北海道産生クリームを加え、濃厚なミルクにバニラの芳醇な香りを加えた。これまた「まろやかで贅沢な味わい」が売り。

 毛色は違うが、湖池屋も「カラムーチョ」を進化させた「カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て」の全国発売を、2日から始めた。

 ほかにも3日には、森永乳業が「マウントレーニアSELECTIVE濃厚キャラメル」、ハーゲンダッツジャパンも濃厚で甘味の強いミニカップ「安納いも」を発売するなど、“濃厚”のオンパレードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る