• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピークこれから ふるさと納税で得するコツをFPに聞いた

 自己負担2000円から始められる「ふるさと納税」は、11月と12月に申し込みの6割以上が集中するという。年末調整に向けて、駆け込む人が増えるからだ。

“特典”となる返礼品は各自治体の名産品が中心だが、最近は「オホーツク海の流氷」「1日村長体験」といった変わりダネが増えている。

 どうせなら、還元率の高いものや変わった体験ができるものを選びたいが、総務省は今年4月1日付で返礼品の還元率を寄付額の3割までとするよう要請した。徐々に還元率は下がっていくことになるから、お得を求めるなら少しでも早い方がいい。ふるさと納税に詳しいファイナンシャルプランナーの藤原久敏氏に聞いた。

■高還元率なら米と水

「要請に従うように還元率が3割目安の自治体は着々と増えてきました。地域の特産品がもらえる寄付金の最低額は5000~1万円。5000円以下になれば返礼品なしか、魅力的なものはなくなります。基本的に“メリット”は受けられません。還元率の高い返礼品を選ぶなら米と水ですね。米は1万円の寄付に対して20キロ、水は1万円の寄付に対して2リットルのペットボトル12~18本を目安にしてください。これなら還元率が50%を超えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る