トヨタが試作 「未来のくるま」はドライバーを解放するか

公開日: 更新日:

 今月27日に開幕する東京モーターショーに、トヨタ自動車が、人の感情や好みを学ぶAI技術を搭載した3タイプの試作車を出展するというので話題になっている。

“自動運転機能”と組み合わせ、車イスの利用者なども含め、あらゆる人が移動の自由を楽しめる「未来のくるま」の姿を示すというから、何だかワクワクする。

 トヨタが出展するのは4人乗りのEV「コンセプト愛」と、いずれも世界初公開の2人乗りのEV「ライド」と立ち乗り式電動3輪車「ウオーク」。

 ドライバーの表情や動作を車載カメラなどで読み取り、AIが安全運転を促したり、普段の会話から興味を持ちそうな飲食店などの情報を提供したりするというから、まるで幼い頃に見たSF映画の世界だろう。

「家族で外食するために車に乗ったら、自動運転で家族の好みのレストランに連れて行ってくれるようになる。これまでドライバーだったお父さんも運転から解放され、移動中も家族の会話に加われるようになる。車はリビングの延長という世界が近づきつつあるわけです」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る