8年間で来場者が倍増「地獄谷野猿公苑」の魅力と希少性

公開日: 更新日:

 中でも、この地獄谷野猿公苑は猿に加えて温泉がある。この点に、また希少性があった。

「1970年に猿が雪の中で人間のように温泉に漬かっている姿の写真が、アメリカの有名グラフ雑誌の『LIFE』の表紙写真として取り上げられ、『スノーモンキー』と呼ばれて評判になったのです」(滝沢さん)

■SNSでの写真拡散で好循環

 温泉に漬かる猿の姿。これがまた新鮮だった。「LIFE」の表紙で認知度が高まり、海外のカメラマンや写真愛好家が来始める。そして、98年の長野五輪で海外客がまた少し増える。

「私は勤めて16年目なのですが、入社当時からカメラを持った外国人のお客さまは来ていましたが、今ほどではなかった。ちょうど10年くらい前から、インバウンドに力を入れた県内周辺のスノーリゾートエリアから、日帰りツアーのバスが外国人客を運んでくるようになりました。それがまたSNSのはやりだした時期と重なり、爆発的にお客さまが増加していきました」(滝沢さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  6. 6

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  9. 9

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  10. 10

    最も一緒に飲んで一緒に遊んだ 山城新伍は愛すべきダチ公

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る