漫画でブームに 中華鍋で簡単10分「薫製モテ」のススメ

公開日:

 最近、薫製料理を出す店が増えている。自宅で簡単に作る「イエナカ薫製」もちょっとしたブームだ。薫製にハマった若い同棲カップルを描いた漫画「いぶり暮らし」(徳間書店)は今年6月までに6巻出版され、販売部数は計25万部を突破。卵やシシャモなど、身近な食材を燻した料理が「おいしそう」と評判なのだ。

 一般社団法人「日本燻製協会」代表で“薫製ニスト”として知られる佐藤暁子さんに薫製の魅力を聞いた。

■枝豆、かまぼこ…何でも燻す

「保存食として知られる薫製は、食材を塩漬けしたり、乾燥させて燻すといった工程を経ることが多いため、何となく“面倒くさい料理”というイメージがあるかもしれません。でも、保存性にさほどこだわらず香りづけを目的にした調理法『熱燻』なら、自宅のキッチンで10分程度で作ることができます。道具も空だきできる中華鍋とフタ、網、スモークチップがあればOK。薫製料理があると、晩酌がグッと華やぎます。サッと作れるようになれば、男女問わずモテるのは間違いありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る